2007年07月11日

再び、ジェフリーの記事

シカゴ一の高級住宅街にあるアントワン・ウォーカーの自宅が強盗に遭ったそうです。それが、ファニータさんの家の近所なんだとか。(あの「23」の邸宅だよね?)
シカゴ警察のパトロールに加え、カメラ、行動探知機、アラームなどのハイテク・セキュリティーを完備し、民間の警備員を雇っている家庭も多い地域だということなのに、ウォーカーは2人の覆面強盗に拳銃のようなものを突きつけられ、手首と足首をダクトテープで縛られて、現金、宝石、メルセデスを強奪されたそうです。(車は乗り捨てられていたらしい)
何か、記事によると、内情を知っているような口ぶりだったとか、しょちゅう大勢の人が集まる家だったとか言われているので、もしかしたら知り合いの知り合いみたいな感じかも?

でも、怖いですね〜。
ジョーダン家は警備も厳重でしょうけど…。

ついでに(^^; イリノイ大学に近いセントルイスの地方紙に載っていたジェフリーの記事を。
(マーカスのナイキキャンプ・デビューはどうなっているんだろう?)

Jeff-0421.jpgMichael's son Jeff Jordan figures to get far more attention
By Stu Durando
ST. LOUIS POST-DISPATCH
07/10/2007

(<4月21日のジョーダン・クラシック)

バルパライソを始めとするミッド・メジャーの数校から奨学金のオファーがあった。しかし、ジェフ・ジョーダンは、ブルース・ウェバーコーチが彼の運動能力に大きな関心を示す前から、イリノイ大学に目を向けていた。
イリノイ大学は学問的なニーズにフィットした。同じ高校からシャンペーンへ進学する複数の友人がいた。そして、たぶん授業料は問題にならないだろう。
「進学先を決めた主な理由は勉強のことで、最初はプレーのことは考えなかった」と、彼は言った。

ウェバーが訪ねて来たとき、シカゴの少年はディビジョンTの大学のウォーク・オンという何百人もの選手の1人になるチャンスに喜んで応じた。
違いは、ジョーダンが最も有名なウォーク・オンになるかもしれないということだ。彼がイリノイ大学に進学すると決めたニュースは、スポーツ・イラストレーテッドやカナダ全域の新聞にも掲載され、AP通信によって世界中に伝わった。
自分の父親が史上最高のバスケットボール選手と考えられ、かつて米国に100億ドルの経済効果をもたらしたと推定される場合、そのような報道がつきものになる。

やがて、ジェフ・ジョーダンの名前は彼のスキルと同じくらいイリノイ大学に大きな影響を及ぼすかもしれない。
「我々には非常にポジティブな知名度と反響が認められた」と、ウェバーは言った。「彼がうまくやれて、そこにマイケルの名前を加えることができれば…彼のためにも私たちのためにも好ましい状況に落ち着くことを願っている」

ジョーダンがバルパライソに進学していれば、1年生ですぐローテーションに加わっただろう、と、Scout.comのデイブ・テレップは言う。イリノイでは、彼の役割はより小さくなるだろう。

現在、ジェフは2つのサマークラスをとっていて、午後の時間のほとんどは将来のチームメイトとピックアップゲームに明け暮れている。ウォーク・オンではあっても、ジョーダンは「優先」の立場なので、チーム入りのトライアウトを受ける必要はない。

彼の存在による影響はプレーによる影響より早いかもしれない、とテレップは言う。
「関与が最もハッキリするのはリクルーティング面だろう。ブルースは、どこかの家庭の居間に上がりこんで、自分は史上最高の選手から息子のキャリアを委ねられたと説明することができる。それは会話のかなりの部分を占めるかもしれないよ」

ロヨラ・アカデミーの4年生として、ジェフ・ジョーダンは平均15得点を記録し、カトリック・リーグのMVPに選ばれた。今度3年生になる弟のマーカスは、より有望な選手と評価されている。

心理学を専攻し、副専攻科目にビジネスを選んだジェフ・ジョーダンは、自分がメジャーな大学のバスケットボールにも対応できると信じている。多くのアナリストが最近の改善に注目しているが、6フィート1インチの身長は不利になるだろう。

そして最近、彼は才能面以外のことにアジャストしている。シカゴから離れたことも、ロヨラ・アカデミーで集めた注目を和らげる助けにはならなかった。
「ここでもほとんどの人が僕のことを知っているので、だいたい同じようなものなんだ」と、ジョーダンは言った。「むしろ、注目を逸らしてくれる両親がいないから、前より大変かもしれない。でも、そういうことにも慣れた。子供の頃、ブルズの試合を見に行って、父がどんなふうに扱われているか見てきたし。高校入学後、メディアの接近に気付いた両親から、どうやって対処すればいいか秘訣も教えてもらったので」

ジェフ・ジョーダンは、父親との比較を阻むためにベストを尽くしている。高校では32番をつけていたが、それは父親の23を入れ換えた数字ではなく、「唯一の空き番号だったから」。イリノイ大学では母親の誕生日(6月13日)にちなんで13番を選んだ。
「彼は自分が名字だけの存在でないことを証明したがっている」と、ロヨラ・アカデミーの運動部長パトリック・マホーニーは言う。「彼は、マイケル・ジョーダンの息子というだけの若者ではない」
しかし、高校の試合でもそうだったように、父親がアセンブリー・ホールに定期的に現れるようになったら、自分と父親を切り離すことも難しくなるだろう。
マホーニーによれば、マイケル・ジョーダンは1シーズンに8、9試合のホームゲームを観戦したそうだ。
「彼が連れてくるボディーガードとうちの警備スタッフが一緒に働いたよ。たまにセクションをロープで仕切ったが、注目される状況は望んでいなかった。観覧席の隅の最前列が好きだったね。あまり気を散らすようなことには関わりたがらなかったよ」
ロヨラはジョーダン効果から恩恵を得ていた。ジェフが初めてサインをした8年生から、スポットライトは続いた。彼が所属した期間に、ESPNでの1試合を含めて6試合がテレビ中継されている。

ジェフは、オレゴン州のナイキ本社を訪問し、経営について学ぶなど、ずっと父親のビジネスの近くにいた。イリノイ州のスポーツ・マーケティング界にとっては潜在的な大鉱脈のようでもあろうが、ジョーダン本人は今の自分の状態で宣伝に巻き込まれるのは居心地が悪いと言っている。
「そういう提案をされたことはないけど、将来はあるかも。その時は話を聞くつもりだけど、自分が何を求められるかによると思う。もし出場時間ももらえないような状況だったら、チームメイトの影を薄くしたくないし。でも、僕がちゃんとプレーしていて、市場価値があると思ってもらえるようなら、そういうこともしてみたいと思う」

アナリストたちは、バルパライソのようなミッド・メジャー・カンファレンスの大学の方がジョーダンの加入から大きな利益を享受しただろうと言う。
イリノイ大学は、すでに多く試合がテレビ放送されている。そして、ここ数年は全試合完売なので、彼の存在でチケットを売る必要もない。
しかし、彼がプログラムにとって価値があることを否定する者は少ない。「マイケル・ジョーダンと提携することがプログラムの害になるとは思えないからね」と、Rivals.comのジェリー・マイヤーは言った。「まあ、考えるまでもないよ…あらゆる偉大な人々、偉大なプログラム、偉大な企業は、自分を偉大なもので取り囲ませたいと思っているものだ」


posted by まき at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ノースカロライナ大学ターヒールズ/UNC TarHeels
Excerpt: ノースカロライナ大学は1789年設立でアメリカでも最も古い公立の大学です。 生徒数は大学、大学院を合わせて27000人程度で、アカデミックでもAAUに属し非常にレベルの高い大学の1つです。 こ..
Weblog: ”College Sports Freak!!”
Tracked: 2007-07-12 12:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。