2007年07月12日

ウォレスと合意

●シャーロット・オブザーバーによると6年5700万ドル(6年目はウォレス側のオプション)+毎年200万ドルのボーナスの可能性(インセンティブ?)で合意。
「ジェラルドは、シャーロットに戻ること、強豪チームを築くことに熱心なオーナーグループによる若くてアスレティックなチームの一員になれることを喜んでいる」by エージェント
「戻ってくるのは分かっていたよ。彼はシャーロットとボブキャッツを愛しているからね。ただ手順を踏まなければいけないだけのことだと思っていた」by フェルトン

まあ、私もあまり心配していませんでしたが。マイケルが言うとおり、感情的なもつれがなければ主力級の選手がFA移籍することはめったにないし。
これで、次の仕事はオカフォーとの契約延長交渉、とビッカースタッフさん。
「すぐに話し合いを始めたい」

●そのオカフォーは11日にワシントンで"One Million African Lives"のレセプションに出席。

0711okafor-2.jpg<同席しているのは民主党の下院議員2氏

●オーランドのサマーリーグも開催中だけど、2巡目指名やドラフトされなかった選手たちのサバイバルの場であって、チームの勝敗はどうでもいいわけですしね。(ヴィンセントHCは「勝ちに行く」と言ってましたが)
パット・ライリーやラリー・バードは来ていても、MJはいないそうだし〜。
(レイク・タホのセレブリティ・ゴルフの方もすでにイベントが始まっていて、ケビン・コスナーがセレブ/アマに出場しているんだけど、まだNBA関係者は誰も見当たらず…)

一応、ボブキャッツのサマーリーグ特集ページはこちら
BOXSCOREやリキャップはこちらのページから。


posted by まき at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ07オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。