2007年10月18日

テレビ出演の記事(2)

Jordan dips into champaign
Wednesday, October 17, 2007

銀のフェラーリの着色ウインドウに隠れて、マイケル・ジョーダンは町に忍び込んだ。
彼と息子のジェフ、イリノイ大学コーチ ブルース・ウェバー、NBC『トゥデー・ショー』ホストのマット・ラウアと一緒のインタビューセッションは、アレーネイ・バスケットボールのプロモーションの一部に変わった。
大学バスケットボール・シーズンが11月初旬に始まる前のいつか、MJと息子を特集した番組が放送される予定だ。テレビ局は大学に放送日時を連絡するという。
「こういうポジティブな宣伝に価値を与えるのは難しいです」と、体育局広報のケント・ブラウンは言った。

ジョーダン父子、ウェーバー、ラウアは、ユーベン・バスケットボール・コンプレックスでのトレーニングセッションの間、マイクを身に着けた。練習場は物見高い見物人を遠ざけるために封鎖され、ロッカールームに隣接した選手用ラウンジは仮設スタジオになった。
4台のカメラを含めた番組製作班は、心理学クラスに向かうジェフ・ジョーダンも追った。教授は約5分の注目を受けた。

ハイランドパークの自宅からキャンパスまでドライブしてきたマイケル・ジョーダンは、去り際に、今冬のバスケットボールの試合に戻ってくると言い残した。
ジョーダンがフェラーリへ進むと、ほんの一握りのサインを求める人々がドアのところにいた。ジョーダンは混雑したセントメアリー通りを通ってリンカーン大通りへ向かった。彼が去る前に、ブラウンは時間を取らせたことに謝辞を述べた。
「大したことないよ」と、マイケルは言った。「往復でほんの葉巻2本分さ」


あれ?またハイランドパークに住んでるの?
番組の放送はまだみたいですね。


posted by まき at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。