2007年11月11日

185億2000万円

イギリスの『The Sunday Times』って、タブロイド紙じゃないですよね?
どうして英国紙だけが報じているのか謎ですが(ロサンゼルス発)、11月11日付でDivorce dunks Michael Jordan for £80m という記事が。。。

マイケル・ジョーダンが元夫人に1億6800万ドル(8000万ポンド=185億2000万円余)という空前の金額を支払う準備、とのこと。
12月の離婚の際はジョーダンが合意をためらった。インサイダーによると、交渉によって2000万ポンド(46億3000万円)が増額された。(それって、マイケルが金額を増やしてあげたくてサインしなかったってこと?)
ファニータ・ジョーダンへの最終条件には、シカゴの7エーカーの土地と3人の子供たちの親権を含む・・・え?!ウソ!?
で、離婚から1年を迎える日までに合意されるとかで〜ラスベガスで結婚するとき、彼は自分の資産の半分を彼女に与えるという婚前契約書にサインしたが、彼女は3分の一しか求めなかった〜て何の話?・・・意味分かんないけど別に詳しく知りたくもないし。(^^;

つーか、これってどこから出た話なのかな?
ニール・ダイヤモンドとかミック・ジャガーとかスティーブン・スピルバーグとか、いつぞやのフォーブスの記事(=いつぞやの『スマステ』の番組内容)を引用してるし。
子供たちの親権は共同親権でしょうよぉ?

何か、少し写真週刊誌的な匂いがするところもいかがわしいしなぁ。
最後に、「ファニータが彼女より20歳年下の銀行家と親密になる一方、ジョーダンは最近何度も若い女性たちとの写真を撮られている」(それ、はっきり言って見たいっス。(笑))と、余計なことを書いてるとこなんか。

てゆーか、それが本当だとしても、1億6800万ドルは子供たちに残してくださいね、ファニータさ〜ん。(離婚の際の財産分与は当然の権利と思いつつ、こういう特殊な才能の持ち主の場合は、単純に「内助の功」で「夫婦の財産は共有」と半分こするのも変だと思う。いずれ子供たちに行くんなら結局同じだからいいんですけど)

0612Jordans-071109.jpg何か胡散臭い記事だと思うけど、とりあえず書いときます…。
あ、そーだ。今回のTVインタビューについて、各紙「ジョーダンがバスケの一流校でプレーする息子の決断を称賛」なのに、シカゴ・サンタイムズだけが「離婚について初めて語る」(TVでは初めてだけど、トリビューンのインタビューを無視してるのはわざとか?(笑))を主眼にしていて、去年の12月に息子のゲームを観戦している両親の写真があったので、それを毒消しとして。(^▽^)


posted by まき at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
哀しいお話です。
しかし、世界クラスの大富豪って、財産半分取られるのは、どんな気分なんでしょうか???
一般ピーポーが半分も取られたら生活できなくなりますが、お金持ちもそれなりにレベルがあって、しんどくなるのでしょうか???しかし、Michaelの場合、半分取られても10年もすれば、また元に戻る気がするけど…現役時代なら、3年もあれば…。離婚するなら、現役中の方が良かったのかも…
離婚は哀しいですが、大金持ちの男ならいくらでも若い美女が寄って来ますしね〜〜(笑)困らないですね〜。
Posted by kenken at 2007年11月11日 23:20
ロシアの大富豪アブラモビッチとかいう人なんて、財産分与1兆円超らしいですからね〜。
ま、庶民にとっては1兆円も185億円も同じようなもんですが。
マイケルの場合、資産が半分になっても年収が半分になるわけじゃないので(株式配当は減ると思うけど)、あまり生活レベルに関係はないんじゃないでしょうか。
現役時代に離婚した方がリカバリーは早かったですよね、確かに。(^^;
とにかく、今や「金も力も有り余り」の色男だし、危険極まりないと思います〜。(笑)
Posted by まき at 2007年11月12日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。