2007年11月14日

185億円続報(?)

アメリカでもだんだん後追い記事が出てきてまして、つまり The Sunday Times のスクープだったのかしらん。どっちにしろ、結論は「1億6800万ドルで有名人高額“慰謝料”の記録更新!」ということだけなんですね。しょーもな。

タイムズの記事でよく分からなかったところ:ファニータさんからの最初の要求額に「驚いて拒否」したものの、結局は4000万ドル増で合意って。やっぱりこれが分からん。交渉で歩み寄って減額になるのが普通では?
あと、離婚に関する婚前契約書で、ファニータさんは資産の三分の一しか求めなかったのに、マイケルが半分渡すということで署名したようなんデス。男らしいけど、ぬかったねぇ。(^^;

――ジョーダンに近い法律関係者によると、その金額にはそれだけの価値がある、とのこと。彼は先へ進む心構えができており、そのためには何でもするつもりだから――

どうせ離婚しちゃったんだから、財産分与を巡って泥沼の法廷闘争なんて考えられないでしょうし。でも、46億円増額でも決着をつけたかったなんて、再婚でも考えているのかな。
いや〜ン、もう少し独身のままでいてときめかせてほしぃ〜♪ (アホ)



posted by まき at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。