2008年01月26日

銅像のレプリカ

jordan_maquette.jpgブルズとの対戦で久しぶりにBulls.comをチェックしたら、こんなの売ってました。

本物のジョーダン像を制作した彫刻家の手による正確な複製。高さ28インチ(約71cm)でオリジナルと同じ仕上げをした青銅製。台座は9(23)×11(28)×6(15)のインド産黒花崗岩、1.5(4)×3(7.5)の真鍮銘板にMJの名前とブルズでプレーした年が刻まれている(彫刻家だけでなくジョーダン自身が刻んだサインがある、という記述もあり)。
真正証明書付き。先着123台(単位は台?)限定受注で、1万2000ドルの代金は払い戻し不能。純利益は全額チャリタブルズへ。
詳細はこちら

値段だけあって70センチは大きい!
ちなみに、本物のジョーダン像について説明されているページもあって。

94年11月1日の永久欠番セレモニーの前に公開され、5フィート(150cm)の黒花崗岩の台座には、ジョーダンの業績と "The best there ever was. The best there ever will be."という言葉が刻まれている。
像自体は高さ12フィート(3m60)、重さ2000ポンド(907kg)。制作日数は1日16時間×週7日×4ヶ月。

2度目の引退後に下記の言葉が付け加えられたそうです。(初めて知ったわ)

"At that moment I knew, surely and clearly, that I was witnessing perfection. He stood before us, suspended above the earth, free from all its laws like a work of art, and I knew, just as surely and clearly, that life is not a work of art, and that the moment could not last."――"A River Runs Through It"

「その瞬間に、私は知っていた。疑いなく、はっきりと、自分が完璧なものを目撃しているのだということを。彼は私たちの前にあり、地上に漂い、芸術作品のように、あらゆる法則から自由だった。そして私は、ちょうど同じくらい確かに、人生は芸術作品ではなく、瞬間が続くはずはないことを知っていた」

・・・詩的に訳すのは無理だけど、意味は大体あってるかな。(^^;
映画『リバー・ランズ・スルー・イット』は見てませんが、ちょっと検索したら、原作はかなり哲学的な小説みたいですね。



posted by まき at 22:28| Comment(5) | TrackBack(0) | BULLS+シカゴ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一家に一台欲しい!!
が、
100万〜120万はちょっと…
買えるかっっ!!
小さくしていいから、1万円で作ってほしい…
Posted by kenken at 2008年01月27日 12:20
追記
100万出したら、サイン入りジャージ買えるし…
Posted by kenken at 2008年01月27日 12:21
私も直筆サイン入りゲームユーズド・ジャージ(赤)
の方がいいです♪
これはちょっと〜デカくてウサギ小屋に置けません。(^^;
Posted by まき at 2008年01月27日 19:12
まきさん、情報ありがとうございます。

もしtoto BIGで6億当たれば何の迷いもなく買えるんですけどね。

でも、98年にシカゴに行った時、銅像の前で記念撮影出来た私は、
それだけでも幸せ者だと思います。

それと、銅像が買えなくても、ジョーダンブランドを身に付けられる、
ただそれだけでものすごく幸せです。
Posted by Be Like Mike at 2008年01月27日 21:28
Be Like Mikeさん
昨日はseesaaに障害が発生していたので、レスが遅くなって申し訳ありません。

ユナイテッドセンターの銅像の前で記念撮影、いいですね〜。
私もいつかは…と思い続けて早10年余。(^^;
今でもシカゴはいつか行ってみたい都市です。

それにしても、6億円どころか今年は切手シートも当たりませんでした。(笑)


Posted by まき at 2008年01月29日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。