2008年01月31日

【46】 @サクラメント

0130wallace.jpg91−105 (boxscore) 18勝28敗

こんなに差があるかな〜。
とりあえず、ビビーもアーテストもいないキングスと当たりたかった。(^^;

ボブキャッツはスモールラインアップを使い続けていますが、それってどうなのかしらん。7フッターのブラッド・ミラー&マイキー・ムーアとロン・アーテストのフロントコートに、オカフォー&ウォレス&リチャードソンじゃ、いかにも苦しそう。あげく、ブラッド・ミラーにキャリアハイの21リバウンドされてしまったり。ナジー・モハメドもスターターの頃のように活躍できていません。

OBSERVATIONS | RICK BONNELL
サクラメント・キングスはエクスパンションドラフトでジェラルド・ウォレスをプロテクトしなかったことを後悔している。
問題は、当時のキングスにタレントが多すぎたことと、クリス・ウェバーをプロテクトせずにいられなかったことだ。しかし、ウェバーの契約はボブキャッツの手が届かないほど(そして、彼の働きとは不釣合いなほど)巨額だった。
本当の問題は、ウェバーがプロテクトされなかった事実を知ることだった。彼は神経質なタイプだから、トラブルになっただろう。
シャーロットでの最初のシーズン、ウォレスはキングスとの対戦に興奮していた。今は、元チームメイトも2人だけ(ブラッド・ミラーとマイク・ビビー)になり、そういう感情も消えている。
「今はただ他の都市というだけ。対戦を楽しみにすることもなくなったよ。あのチームはもうないんだ」


ところで、ジェイソン・キッドのトレードはイーストのプレイオフ争いに変化をもたらすでしょうか。6位までは確定として、7位8位はまだどうなるか分かりませんよね。でも、今後のロード続きの日程を考えたら、ロードにメチャメチャ弱いボブキャッツはやっぱり脱落か。それにしても、ブルズも一向に浮上しませんね〜。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。