2005年10月15日

ハロウィン

まだ少し間がありますけど、たまたまこんな写真を見つけたので…

Halloween

ハロウィンでジョーダン邸を訪れる車の列。
梅田香子さんの著書『グッバイ・ジョーダン』にも記述がありましたね――4時半ごろマイケル・ジョーダン邸にドライブしてみた。到着してみると、笑ってしまうほどの車の列! ジョーダンの家は4車線の道路から奥まったところにあり、家の前はロータリーになっている。背番号23をかたどった門が大きく開き、パトカーが1台止まって、警察官が5、6台ずつ中に入れていた。徒歩で来た人は警察官から「車で来るように」と言われ、引き返していたが、なるほど門から家まで100メートル以上あり、「15マイル以下」と言う速度制限標識まであった。(一部抜粋)――
で、これを見た時すぐにピーンひらめき

今年のハロウィン、10月30日と31日の夜には、シカゴのミレニアムパークにあるリュリーガーデンで、地元の芸術家がマイケルやリチャード・J・デイリー元市長、ジェリー・スプリンガーら有名なシカゴ市民の顔を刻んだカボチャのランタンが展示されるそうです・・・あんまり見たいと思わないな。(笑)


2度目の引退を報じるDUNK SHOOT誌99年3月号にも、梅田香子さんのエッセイでこのハロウィンの思い出が綴られていたんですよね。多分もう、なかなか手に入れるのは難しいだろうと思うし、ここでこっそりご紹介…(^_^;

(前略)結局11月生まれになってしまったが、茉莉亜(※梅田さんの次女)の出産予定日は10月30日、昨年のハロウィンだった。生まれる気配がなかったので午後3時頃、ジョーダンの自宅までドライブしてみたところ、200メートルほど車の渋滞になっていてパトカーが交通整理をしていた。 
23gate 背番号23を型どった門なのだが、木が生い茂っているので家は外からは見えない。バスケットのコートとプールは屋外と屋内にそれぞれ2つあり、それ以外にも5ホールのゴルフコースやテニスコート、部屋数は11。航空写真を見たかぎりでは住居というよりも、博物館か研究所のような豪華さだ。白を基調にしたモダンなデザインで、いかにもジョーダン好みのような気がした。
 車の列に加わって待つこと40分。5台か6台ずつ門の中に入っていって出てきた人たちは嬌声をあげたり、ケタケタと笑ったり、異様に興奮しているので、どうやらジョーダンが中にいるらしい。徒歩で来た人たちは「車で出直してきなさい」と門の警官に帰されていたが、自分の番になってみてその理由がわかった。門から玄関までは100メートル以上の距離がある。敷地はかなり広く、樹木も数が多いので、誰か1人でもイタズラ心をおこして、どこかに隠れてしまったら探しようがないから車の訪問客だけを受け入れたのだろう。
 途中で20マイル以下と表示された道路標識があり、カーブのところでスピードを落とすと、そこにはスタッフが立っていて「ノー・オートグラフ! ノー・ピクチャー! ノー・ビデオ!」と注意を与えていた。いよいよジョーダン邸が見えてきた。玄関の前がロータリーになっていて、車をそこで停車させてドアの前で子供たちがお菓子をもらう。他の家の5倍ぐらいくれたので、ミッキー(※長女)は目を丸くしていた。「あれ、マイケルはいないの?」と尋ねたら、スタッフの1人が「それはなんとも言えない」との返事。
 ちょっとがっかりして車に乗り込み、ロータリーを回って帰ろうとすると、道の脇にジョーダンが立っていて、1人1人に声をかけてくれた。なかなか凝った演出というか、人を喜ばせるのが好きなジョーダンらしい思い付きで笑ってしまった。
 もうあたりは薄暗かったけれど、ハンチング帽をかぶったジョーダンが紙コップのコーヒーを飲みながら黒い革のジャンパーを着て、ニコニコ笑っている。
 私だと気がつくと、「やあ、どうしていた、スウィートハート?」
「元気ですよ。もうじき子供が産まれるし。そっちは?」
「もちろん元気だよ」
「ロックアウトが終わったら、また会えますか?」
「シュア(ああ、もちろん)!」
 出版したばかりの本をジョーダンに手渡すと、「バーイ、ミッキー!」と手をふってくれた。断っておくとミッキーは嬉しそうにしていたが、ジョーダンは名前を知っていたわけではなく、たまたまミッキー・マウスの扮装をしていたから言ってくれたのである。(以下略)


posted by まき at 20:28| Comment(7) | TrackBack(0) | MJ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、まきさん。
Be Like Mikeと申します。

こちらのページはgoogleで検索しました。
最初の記事からさかのぼって拝見しています。
私もまきさんと同じく引退してもなおマイケルのファンであり続けている一人です。

Air Jordanはもちろん、JORDAN BRANDのウェアと靴を愛用しています。
ファッションや仕草などは大きな影響を受けておりますし、同姓から見てもなんてカッコイイのかと思います。

いつか書き込みをしようと思っており、マイケルの家の玄関の写真が掲載されていたので、
初めて書き込みさせていただきます。
と申しますのも、私が1998年に大学の卒業旅行で
シカゴに2月のキャブス戦とブレイザーズ戦を観戦に行ったからです。
その時にオプションツアーでマイケルの家をはじめ、ロドマンの家の前に連れて行っていただき、その他バートセンター、ジョーダンレストランにてブルズ専属カメラマンのビル・スミスさんのお話を聞いたり、ユナイテッドセンターのコート中央での記念撮影、トレーニングルームやVIPルームの見学など、色々と回りました。

もちろん私はマイケルの家の23の背番号が入った玄関で記念撮影(ロドマンの家の前でも)しました。

本当にいい思い出です。

長くなりますのでこの程度にとどめます。

引退してもなお、Air Jordan20までリリースが継続されるほどJordanの影響力はとてつもなく大きいですし、
同じ気持ちの方がいらっしゃる事はとてもうれしいです。

たくさんの情報と素晴らしい翻訳、いつも感心しています。

また書き込みに来ます。

追伸
JUMPMANのピンバッジがほしいです。ナイキさん、お願いします!!
Posted by Be Like Mike at 2005年10月17日 21:36
Be Like Mikeさん、はじめまして。
このブログを気に入っていただけて、とても嬉しいです。
素敵なシカゴツアーに行かれたんですね。確か98年2月のブレイザーズ戦はめずらしくホームでの敗戦だったと思いますが、私はあのゲームのマイケルがかなり印象深くて好きなんです。しかも、そんなオプションツアーがあったんですか。何とも羨ましい…。
私は結局1度も生マイケルを見たことがなくて、今ではさんざん後悔しているわけですが、むしろそのおかげで一向に熱が冷めないのかもしれないと自分をなぐさめています。(他のことにはわりと飽きっぽい方なので…)

Be Like MikeさんはJORDAN BRANDの製品を愛用されたり、ファッションや仕草に影響を受けられたり、実際に「Be Like Mike」なんですね!
これからもどうぞよろしくお願いします。長い書き込みも大歓迎ですから御遠慮なく♪
Posted by まき at 2005年10月18日 21:01
Be Like Mikeさん、コメント削除いたしました。
ここって自分で自分のコメントを削除できないのが不便ですよね。
どうぞお気になさらず、また書き込んでください。
楽しみにしています。
Posted by まき at 2005年10月18日 23:54
まきさん、早速のご対応ありがとうございます。
再度書き込みします。

観戦したポートランド戦ですが、実はNHK-BSで放送がありました。私は予約していたのですが、放送時間が変わってしまい、録画できませんでした。
キャバリアーズ戦観戦時の座席は二階席最前列でしたが、ポートランド戦は幸運な事にバックボード裏から5メートル後ろぐらいの非常に近い位置で観られました。
(二試合ともアップグレードして一試合で6万払ってコートに近い席を確保してもらいました)

もしかするとフリースローの時に映っていたかもしれないと思うと悔やんでも悔やみきれないです。
一緒にオプションツアーに参加されていた方は、選手入場口付近からロドマンが入場してくるシーンでばっちり映っていました。

ところで、私がマイケルの仕草で特にカッコイイなあと思うところは、
・コート上で前かがみになる時に、ショーツの裾を引っ張っているところ
・サイドラインで出番を待っている時に、片膝をついているポーズ
です。
普段の生活でも同じポーズを取っています。
マイケルが舌を意識しなくても出すように、私も意識しなくてもポーズを取ってしまいます。

また、JORDAN BRANDのウェアはかなり沢山持っています。他にノースカロライナ大の選手が着用するユニフォームやウォームアップ時のシューティングシャツやジャケットなどもJORDAN BRANDなのでこれらもほぼ一通り持っています。
あと、JORDAN BRANDで無くとも、ブルズ、ウィザーズのジョーダンが在籍していた頃のウェア(チャンピオン、ナイキ製)もほぼ一通り持っています。

最近買った物で気に入っているのが、ラバーバンド(JORDAN ID BANDS)です。
ジャンプマンロゴとメッセージが入っています。
国内のショップに画像が載っているのを見つけましたのでリンクを張っておきます。
http://www.chapterworld.com/wear/gallery/bands/
ちなみに私は少し前にナイキショップで発売されていなかった為、ebayで落札しました。
1パック3本入りで3パックで30ドル、送料込みで計約5000円でした。
アメリカでは確か1パックの定価が6ドルぐらいだったと思いますが、もし今でも日本で未発売ならば、日本での販売価格が高くなる事は、並行輸入になるので止むを得ないと思います。

今はホワイトバンドやランス・アームストロングのLIVESTRONGラバーバンド(ナイキ製)が流行していますが、
私は白と黄色も購入したのでこれらは買っていません。
JORDAN BRANDの売り上げの一部が教育事業に還元される事からも、購入する事によって社会に貢献出来るので、そういう事もJORDAN BRANDにひかれる理由です。
男性の私にもバンドのサイズが結構大きいのが唯一の欠点です。
Posted by Be Like Mike at 2005年10月19日 09:40
あ!ジョーダンブランドからもラバーバンドが発売されていたんですね。全然知りませんでした。私もブルズカラーのセットあたりを購入しようかな〜。でも、男性のBe Like Mikeさんにもサイズが大きいくらいなら、私にはブカブカかも…ひょっとしてマイケルのサイズで作ってあるんでしょうか。それならそれで嬉しいですけど♪
そう言えば、今年のJORDAN BRAND主催の高校オールスターゲームに現れたとき、マイケルもラバーバンドをしていたんですよね。めずらしかったので記憶に残っています。(→ http://his-airness.seesaa.net/article/3008610.html

それにしても、Be Like Mikeさんはすごいですね〜。ファンの鑑!
私なんて、以前にも書きましたが、グッズはほとんど持ってませんから…。
オン・コートでもオフ・コートでもMJのことは大好きなんですけどね。
ショーツの裾を引っ張っているところとか片膝をついているポーズも大好きです。本当にカッコイイですよね。立っているだけでも歩いているだけでも他の誰よりも群を抜いて素敵じゃないでしょうか。
Posted by まき at 2005年10月19日 21:21
まだ子供もいないってのに(笑)ハロウィンにシカゴのMJの自宅へ自分の子供を連れて行くのが密かな夢です。。。
Posted by yuko_mj23 at 2005年10月20日 08:13
ぜひぜひ私もブログでそのお話を読ませていただきたい〜♪
何年でも待ちますよ。(笑)
Posted by まき at 2005年10月20日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。