2005年10月17日

ア・リーグ優勝

WSOX

いつのまにこんなに強くなったのやら、シカゴ・ホワイトソックスが敵地で3連勝して、ワールド・シリーズ進出を決めてしまいました。
シカゴのメディアはホワイトソックス一色。

とは言え、TV画面でマイケルを確認できたのはたった1試合、たった15秒だけだし、さすがに46年ぶりの晴れ舞台となるワールドシリーズの始球式では、元マイナーリーガーにお呼びはかからないでしょうしね〜。
だったら別に関心ないな、と。
記事を読む気もなかったけれど、たまたま「No Bull」という見出しが目に入ったので読んでみれば――

オジー・ギーエン監督は、チェアマンのジェリー・ラインズドーフを最高に幸せにしてやりたいと願っている。「ジェリーはNBAの優勝リングを6つ持っているんだっけ? そんなもの、野球の優勝リングを1つでも手に入れたら、うっちゃってしまうこと請け合いだね。たった1つでさ。もし俺たちが今年優勝したら、ジェリーはもう一生ブルズの指輪をはめないだろうと請け合うよ」

――そんなにホワイトソックスが大事でブルズはどうでもいいなら、マイケルに売ってくれ。

そりゃま、ブルズでは誰も「彼のために優勝したい。GMのためにも、ファンのためにも、選手のためにも、自分のためにも優勝したいが、それよりもっと、ジェリーのために勝ちたいんだ」なんて言ってくれなかったでしょうけど。



posted by まき at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シカゴが野球
しかもホワイトソックスでスポットライトを
浴びることになるとは想像できませんでした。
マイケルの始球式みたいなぁ!
Posted by たか at 2005年10月17日 22:42
本当にそうですよね。ホワイトソックスがワールドシリーズとは、
シカゴ市民もかなり予想外だったんじゃないでしょうか。(^_^;
私もプレーオフ当初から始球式を期待していたんですけど・・・
ワールドシリーズでやってくれるといいですね〜無理かな〜。
Posted by まき at 2005年10月18日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。