2008年04月03日

【75】 vsキャバリアーズ

080402foulout.jpg114−118 (boxscore) 28勝47敗

また4点差で負けた〜。
レブロンがファウルアウトしてからの4分間で逆に点差を開かれたらしく。
FG53.1%でなぜ負ける…と思ったら、ボーネルさんも「オフェンスリバウンドを与えすぎ」
だよね…。

デヴィッドソンのステファン・カリー君がお父さんと一緒に観戦していたそうです。
レブロンがデヴィッドソンの試合を観戦していて、カリーをベタ褒めなんですよね。「すごくいい選手だ。小柄だし、最高に速いわけでもないけど、そんなこと関係ない」とか。
ステファンは、デル・カリーがキャブスでプレーしていた頃、レブロンの出身地でもあるアクロンで生まれたのだと聞いて、「それは知らなかった。だから優秀なんだな」

今日は場内の注目もステファンの一身に集まっていたとか。
そういえば、レブロンなのに満員になってないし。

マイケルの電話インタビューも訳せないうちに、シャーロット・オブザーバーにボブ・ジョンソンのインタビューが載っていたり、サム・ヴィンセント本人が更迭論へ率直な反論。(意訳)

「私にチャンスをくれ。最初の年から50勝しなければいけなかったのかい?今年のセルティックスならそうかもしれないが。大局的に判断されるべき状況というものがあると思う」
自分は4月16日のシーズン終了直後にジョーダンと会うことになるだろう、と――
「私が来シーズンも戻ってくるかどうかは、まだ話し合っていない。私は2年契約の義務を果たすことが期待されていると思うし、自分でもそういう計画でいる」
「振り返れば、他のやり方があったかもしれないと思う試合もある。たぶん、いくらかの経験が、私に違う決定をさせたかもしれない。だが、私がそれを理解するのは難しいことだ。どのコーチにも最初のシーズンがあるわけで、すべてのヘッドコーチの最初のシーズンの成績を知りたいものだね。全員が今年の私の成績より上だったのだろうか」
チームは劇的に良くなっていると思う――
「正しい方向に向かっていると思うのではなく、正しい方向に向かっていることを知っているんだ。シーズン当初と比べて、このチームは成長した。自分では疑問がないと思っている」
開幕前は第4シードを狙うとまで言ったが――
「ちっとも後悔していないよ。プレイオフへ挑戦するという気持ちを選手たちに植えつけるためだったから。それをやってのけなかったことは残念に思う。でも、また来年トライするさ」
「このチームはここまでずっと成長し続けてきたと思う。そこを評価してもらいたい」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。