2008年04月27日

ヘッドコーチ更迭

26日にサム・ヴィンセントHCを更迭。

Yahoo! Sports (AP)

マイケルの声明:「わずか1シーズンでサムをヘッドコーチとして解任する決断は難しかったが、私の第一の義務はチームにとって最善の道を選ぶことなので、そう決断せざるを得なかった」

サム・ヴィンセントの声明:「彼が変化を起こす必要がある理由は理解できる。彼がチームをどこへ連れて行こうとしているのか理解できる。彼らのために最善を祈る。私は落胆したが、状況が好転し、ボブキャッツが成功することを期待している」
「ヘッドコーチになる機会を与えてくれたマイケルの行為に感謝する」

ローテーションは固まらず、ハードワークが持ち味だったチームの努力や献身に疑問を呈し、選手たちから信頼されていないというチームレポートが多かったので、残るのは厳しそうだったし、ラリー・ブラウンがシクサーズを辞職したとき、これで何か動きがあるかも…と思いましたが〜まさか、その通りに?(^^;
後任はラリー・ブラウンしか噂がなく〜ボブキャッツは土曜日の夜のマイケルの電話会見の予定を取り消したというし、ラリー・ブラウン側も取材を拒否したところがかえって怪しいかも。
ラリー・ブラウン氏のお母さんはシャーロットの老人ホームで暮らしていて、最初の結婚のときの家族もシャーロット在住らしいです。
未経験のコーチに賭けて1年で失敗してベテランコーチというパターンはウィザーズと一緒なんですけど…。


posted by まき at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブキャッツ08オフ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。