2008年04月17日

【82】 vsシクサーズ

○115−109 (boxscore) 32勝50敗

今シーズンも終わってしまいました。
エメカ・オカフォーとジェイソン・リチャードソンの2人がボブキャッツ史上初めて1シーズン82試合フル出場。リチャードソンの1シーズン3P成功数243は歴代4位だそうな。

0416MJ-2.jpgそして、今日は初めてマイケルがコートサイドで観戦!
(Photo by Kent Smith/NBAE via Getty Images)

Bobcats.com Photo Gallery  Yahoo! Sports Photo

Charlotte Observer Slideshow

ボブ・ジョンソン氏の記事で、「ジョーダンはどこ?」とか「チームは勝てないし、ジョーダンは現れないし」と書かれたことが原因かも。そんなの気にする人ではないと思うけど…。
とにかく、オーナーの発言ははなはだ評判が悪そうで、読むのが憂うつです。
スポーツメディアは無責任にあれこれ言っていればいいだけで楽でいいよなー。
オフに(明日からオフだもん)読もうと思ってるんですけどね〜。

とはいえ、マイケルの仕事はオフが本番・・・
ボーネルさんがあげる今オフの5つの課題は――

1)サム・ヴィンセントHCの処遇
今季の苦闘はモリソンとメイの不在によると説明したが、そうは思えない。
ボブキャッツのロスターには欠点がある。しかし、32勝50敗ほどの欠点か?
彼らが公に認めるかどうかはともかく、ヴィンセントの管理スタイルとローテーションに不満そうな選手は多い。
ここで切るか、ヴィンセントの改善を願うか。確率は半々だと思う。ジョーダンとロッド・ヒギンスGMがシーズン終了後に選手や代理人たちから意見を聞いて決めるのではないか。

2)エメカ・オカフォー
昨オフ、1年1200万ドル相当の長期契約延長を断った。
数人のNBA経営者は、ボブキャッツのオファーはオカフォーの市場価値を上回っていたと言う。今季は全試合に出場したが、成績は停滞した。
オカフォーはチケットを売るタイプのスターではない。しかし、ディフェンシブなビッグマンの穴埋めは難しい。

3)レイモンド・フェルトン
クリス・ポールやデロン・ウィリアムスではないが、平均以上のポイントガードである。
精神的にも肉体的にもタフだし、ここで成功したいと願っている。
ただ、デリック・ローズをドラフトするチャンスがあるなら、選択肢を開拓するのは悪くないだろう。

4)最大のニーズ
オカフォーが主にセンターを務めるなら、パワーフォワードが最も必要。
オカフォーとモハメドを一緒に使うと、ターコルーやラシード・ウォレスを3Pラインまで追いかけられる速さがない。
メイが健康なら一応補強になるだろうが、カンザス州立大のマイケル・ビーズリーがドラフトできれば素晴らしい。

5)過剰なポジション
シューティングガードとスモールフォワード。
ウォレス、リチャードソン、マット・キャロル、モリソン、シャレッド・ダドリーの全員に十分な時間は与えられない。モリソンかダドリーがニーズを満たすためのトレード要員になるかも。
Charlotte Observer

2008年04月16日

【81】 @ニュージャージー

108−112 OT (boxscore) 31勝50敗

第1Qで15点リード、最大20点リード、OTで負けというのは…疲れそ。
両チームともプレイオフには関係ないし、ホームで負けたくないというモチベーションの方が強いのは当然かとも思ったけど、第4Qのコールは「ありえない!」(by キャロル)というコメントもあり。(Charlotte Observer

J-Richは31Pts (FG 11-23, 3pt 5-10, FT 4-4), 10Reb, 8Stl, 4Ast と素晴らしいスタッツ。

明日のタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナでの最終戦は Fan Appreciation Nightと銘打ち、パーティーがあったり、プレミアム・アイテムの景品がもらえたり、試合後には抽選で選ばれたファンに選手たちが着用したジャージーやスニーカーのプレゼントも!だそうで、シャーロット市民だったら行くけどな〜。(Bobcats.com

ただ、シャーロット・オブザーバーは今、ボブ・ジョンソン オーナーが「シャーロット市の財界リーダーたちからもっと支援が欲しい」と言ったとか何とかの話題でもちきりなんですよ。「ボブキャッツなんてシャーロットにいていらん」という怒りの読者コメントも多く(アリーナは税金で建てたから)・・・記事が大量すぎてまだ読めないんですけど。(;´д` )
も、弱いチームのManaging Member of Basketball Operationsのファンは疲れる。


2008年04月13日

【80】 @インディアナ

○107−103 (boxscore) 31勝49敗

え?プレイオフ争いをしているペイサーズに勝つとは思わなかった。
課題のリバウンドで圧倒しているし、オカフォーとモハメドが2人ともダブルダブル。
出場時間を制限されているJ・オニールはもどかしいでしょうね。

それにしても、1試合も落とせない状況でホームゲームだというのに、コンセコの観客数はたった1万4265人。コート外の問題が相次いだせいもあり、ペイサーズの観客動員はリーグ最下位なんだそうです。
ボブキャッツは24位だけど、素行面の問題は全くないから安心して愛せマス。(^^)

コーチと話し合って32分以上の出場時間を確保してから好調なオカフォー。今シーズンは1試合の欠場もなく、7月には制限付きFAになるが、「ここが自分のチームだ。僕は最初からここにいた。だから、もちろんとどまるつもりだよ。ここで過ごした数年を大切に思うし、もう少しいたいんだ」


もう毎試合 画像を載せるのはやめます。(けっこう面倒だったりするし(笑))
まあ、丸3年で70MBだから、まだ1年くらいは余裕だと思うんですけどね。

2008年04月10日

【79】 @ニューヨーク

0409president.jpg107−109 (boxscore) 30勝49敗

あ〜あ、50敗にリーチかかっちゃった。
新プレジデントにアピールしたいのか、希望の未来に発奮しているのか、ニックスちょっと好調ですもんね。
ま、ヴィンセントHCは19点差から挽回したことを「誇りに思う」そうだし、こちらの方の100歳のお誕生日祝いということで。

テレビ放映がFox Sports Net Southに移ったことで、カロライナ2州では今までの約3倍にあたる380万世帯がボブキャッツの試合を視聴可能になるそうです。(ただし、シャーロット市から75マイル以上離れた地域では試合中継をしないかもしれなくて、確実なところは現在の40%増となる約170万世帯という話も)
今まではロードでの試合を見ることができないシーズンチケットホルダーもいたとか。
「より多くの視聴者は、より多くの関心をもたらし、より多くの観客に結びつくだろう。今回の合意はシャーロット市や周辺地域にとっても大きなインパクトをもたらすと思う」と、ボブ・ジョンソン氏。
テレビ放映権とアリーナの命名権との交換は、スターン コミッショナーやニューズコーポレーション(フォックススポーツの親会社)のルパート・マードックCEOも交えて、約16ヶ月前から話し合われてきたとのこと。
タイムワーナーケーブルは命名権のために金銭を支払った(たぶん、値引きされただろう)が、先月のACCトーナメントやNCAAトーナメント開催に間に合わなかったことは「いくぶん残念」だそう。

あと、ビジネス面などの詳しいことは関係ないので、マイケルのコメントを少し――

「兄貴たちから何度も、『いつゲームを見られるようになるんだ?』と電話がかかってくるので、『FSNで見てよ』と返事ができるようにしてくださってありがとう」

「私へのプレッシャーは少し強まったかと思う。シャーロット市や周辺でファンベースとチームへのサポートを築くことができるように、エンターテインメントという観点から、我々は確実にプロダクトを向上させ続けなければならない」

「バスケットボールの観点から言うと、今回のパートナーシップはファンとの結びつきを強化し、ホームコートでのアドバンテージを高める助けになってくれると思う。観客から活気を与えられるのは明らかなことだし、カロライナ全域に強い影響力を持つタイムワーナーケーブルやFNS Southのようなパートナーは、毎試合アリーナにエネルギーをもたらす助けになってくれるだろう」

2008年04月09日

【78】 vsティンバーウルブス

○121−119 (boxscore) 30勝48敗

080408.jpg

あぶねー。最大18点リードをふいにするところだったらしい。
1点差の残り13秒でフェルトンがFTを2本も外し、ウルブスはターンオーバーし、キャロルがFTを1本決めた残り1秒でコーチから2本目を外すように指示があり、ところが、素早くリバウンドを確保したウルブスは、残り0.7秒でタイムアウト!大活躍のアル・ジェファーソンがオープンでインバウンズパスを受けたが、同点を狙ったブザービーターは外れ、ボブキャッツが逃げ切り〜。

6割超えるFG%で負けたらしゃれにならないヨネ。
オフェンスリバウンドが5対15だもんなぁ。

プレーによる悪化を防ぐため、ウォレスは今シーズン残りを全休する見込み。
「オフにはヨガとかピラテスをやろうと思っているんだ」

オカフォーはボブキャッツに残りたいと思っている。シーズン終了後にコーチと話し合い、自分にできる最高のプレーをするには一定の出場時間が必要なことを伝えるつもり。

正式発表
華々しいセレモニーに1時間も付き合わされたあげく、ろくに質問させてもらえなかったボーネルさんの鬱憤晴らしブログを読んだだけで、あとはこれから読みます〜。(翻訳ソフトにかけるだけで大変なほど多い…(^^;)

とりあえず Bobcats.com

マイケルは冒頭だけですが 会見の動画 (07:08)

シャーロット・オブザーバーの動画 (01:40)

フォトギャラリーPage 2 Page 3 (今のところはここ)

2ヶ月ぶりのマイケル〜♪
0408TalktoFans.jpg

・・・あ、デイトナのスナップがあったっけ。

2008年04月08日

命名権&HOF

ボブキャッツアリーナのネーミングライツと試合の放映権に関する交渉がまとまったようです。公式発表は火曜日らしいですが、「Bobcats Arena」は「Time Warner Cable Arena」となり、それと引き換えに、地元ネットワークや衛星テレビ放送による試合中継を妨げていたタイムワーナー系列局とのテレビ契約を解除。今後は、より広範囲な地域でより多くの視聴者が見込めるFOX系のFox Sports Net South と SportSouth で中継されることになるそう。

フランチャイズ設立当時、オーナーのボブ・ジョンソン氏がタイムワーナーと組んでCarolinas Sports and Entertainment Television(C-SET)を始めたものの、タイムワーナーのデジタルケーブルサービスでしか視聴できなかったため、多くの地元ファンはボブキャッツのゲームをほとんど見ることができなかった。C-SETは1年足らずで破綻し、試合中継はタイムワーナー系のニュースチャンネル News 14 に引き継がれたが、シャーロット市北部を含めた両カロライナ州に視聴できない地域がある。さらに、衛星テレビ加入者も締め出されるため、衛星テレビを備えたアリーナ周辺のスポーツバーやレストランがボブキャッツの試合を映せない事態になっていた。ボブキャッツとタイムワーナーケーブルとNBA当局は、3年間の命名権とテレビ放映権の交換を何ヶ月も話し合ってきた――そうです。
だから、命名権の代償に金銭が支払われるかどうかは不明。(^^;

■ジェラルド・ウォレスは次の試合も欠場。


2008年の殿堂入りメンバーが発表されました。(nba.com

2008HOF.jpg左から、ディック・バイタル(バスケットボール解説者)、キャシー・ラッシュ(7シーズンで149勝15敗の記録を持つ元カレッジコーチ)、パット・ライリー、アキーム・オラジュワン、パトリック・ユーイング、エイドリアン・ダントリーの各氏と、ビル・デヴィッドソン氏(デトロイト・ピストンズのオーナー)の7名。



や〜ん、今から来年が楽しみ!(^^)v

NCAAトーナメントはカンザスが優勝しましたね〜。
まあ、どっちでも良かったんだけど、本命のUNCを倒したカンザスがメンフィスに負けたら悲しいし(ロイ・ウィリアムスさんを引き抜いた負い目もあるし(笑))、優勝おめでとうございます。
UNCのハンズブローは、「今年優勝できなかったら大学に残る」と言っていたと思うんだけど、どうするのかな…。

2008年04月06日

【77】 vsセルティックス

080405Tfoul.jpg78−101 (boxscore) 29勝48敗

過去3試合のボストン戦は何だったの?というくらい今日はダメ。
KGもピアースもレイ・アレンも休むからヤル気がでなかったんだよね。(笑)

いくらプレイオフが本番とは言え、プロだったらファンサービスも仕事のうちだろうと思うので、体調の問題でもないのに休む姿勢はいただけません、私は。
ボブキャッツアリーナは今季たった5度目の満員御礼だったんだぞ〜。
(出産に立ち会うピアースは許すけど)

・・・目の前でUNCが消えたから荒んでるかな。<自分。
Elite 8で格下のデヴィッドソンに苦戦したカンザスと、比較的楽に勝ち上がったUNCの緊張感の差だったんでしょうか。前半は目も当てられないひどさで、結局最後まで挽回しきれず。
自分でも意外なほど落胆しました。

マイケルが例のミードヴィルの女性に3度目の実父確定検査を求められているというニュース、APの記事で一斉に出回っていますが、より詳しい地元紙記事を解読中デス。

2008年04月05日

【76】 @トロント

○105−100 (boxscore) 29勝47敗

080404Okafor.jpg


おっとぉ。
シャーロットで負けたばかりなのにトロントで勝つとは。
しかも第4Qで逆転勝ち〜。
1点差に迫られたところで、ボイキンスがスティールから速攻、レイアップ&ファウルで4点差に戻し、勝利をたぐり寄せたと。
50敗を回避したいボブキャッツにとっては、「大きな勝利だ。プレイオフから排除される日はどんどん近づいているが、チームとして達成したい目標ができて、最後の試合までハードにプレーするつもりだ」と、ジェイソン・リチャードソン。
(ボブキャッツが残り全勝し、8位のホークスが全敗すれば、勝敗では並ぶものの、ディビジョン内とカンファレンス内の対戦成績で8位になれないことが決まったそーデス)

ジェラルド・ウォレスは以前から悩まされていた鼠径部の痛みで前半しかプレーできなかったらしく。もう残り6試合しかないし、無理はしないでほしい。

2008年04月04日

火曜日の電話インタビュー

デトロイト・フリープレスによると、20年前の1988年4月3日(イースター・サンデー)は、全米中継のブルズ@ピストンズ戦でMJが59得点した日だそうです。



BOXSCOREはこちら

マイケルは 59pts (FG 21-27, FT 17-19) 6ast, 4rb, 2stl, 2blk
サム・ヴィンセントも 18pts, 13ast, 6rb, 2blk かなりの活躍ですね。

さて、そのヴィンセントに関するオブザーバーの電話インタビューの記事をざっと…。
大した内容じゃないわりに長いッス。(^^;

Jordan: No call yet on Vincent
RICK BONNELL

マイケル・ジョーダンは、サム・ヴィンセントの仕事ぶりに不満はないが、コーチとして2年目のシーズンに戻るかどうかはまだ決めていない、と言う。
オブザーバーによる独占電話インタビューで、ジョーダンはヴィンセントの判断ミスを認めた――7桁の罰金をもたらしたかもしれない12月のミルウォーキーへのフライトの件を含めて。しかし、総合的に考慮すれば合格点だとも言った。

「今までのサムの仕事ぶりは良い出来だ」と、ここ数ヶ月間で初めてのチームに関する公のコメントでジョーダンは言った。「でも、ミスをしなかったとは言わない」
「(シーズンの)終わりに考えなければならないだろう。コーチ陣やロスターの大幅な刷新が必要な状況だとは思わないが」

火曜日のそれより早い時刻に、ボブキャッツのマジョリティーオーナー ボブ・ジョンソンが、自分はヴィンセントの留任を支持すると述べ、しかし、最終的な決定権はジョーダンにあると記者たちに指摘した。

ジョーダンは、ヴィンセントが12月のホームゲームのあと、自分やGMのロッド・ヒギンスに相談しないまま、ミルウォーキーへのフライトを延期したと認めた。中西部の天候は悪化していたが、ミルウォーキーの空港はまだ閉鎖されていなかった。
関係者によると、チームはその夜の遅くに飛ぼうとしたが、解散した選手たちを再び集合させることができなかった。その代わり、チームは翌朝出発し、シカゴの空港に着陸するまで中西部の上空を何時間も旋回するはめになった。アリーナに到着したのはほぼ試合開始時刻である。

ボブキャッツは103対99で試合に負けたが、もしチームが到着できていなければ、NBAの移動ガイドラインを無視したかどで、フランチャイズに7桁の罰金が科されていたかもしれない。
「サムは、自分に権限がない決定を下した」と、ジョーダンはオブザーバーに語った。「リーグの協約があるから、フランチャイズに罰金が(ジョーダンは500万ドルに達したかもしれないと推定している)課せられたかもしれないんだ」
「彼はそこから学んだ。フランチャイズが代償を払うことや、試合直前までの丸一日、選手たちの身体活動を犠牲にすることを知った」

ジョーダンは、ヴィンセントにまつわる最近の憶測を承知していると言った。ボブキャッツは28勝46敗で、実質的にプレイオフ争いから脱落している。
去年5月の就任記者会見で、ヴィンセントは、プレイオフに出場できなければ「ものすごく落胆し、失望する」と述べた。さらに、トレーニングキャンプの直前には、ホームコート・アドバンテージを目指すべきだとハードルを上げた。
その後、ボブキャッツはアダム・モリソンとショーン・メイというローテーション選手2人をシーズン絶望の怪我で失い、ホームの観客動員に基づけば、地元の関心も熱気を欠いている。

最近、ESPN.comの某コラムニストが、ヴィンセントの解雇は「必至」だというNBA関係者の発言を引用した。
「もちろん、そういう憶測があることは知っている」と、ジョーダンは言った。「しかし、私たちはサムと2年契約を交わしたわけで、私はまだ契約から離れる心づもりになっていない」
それは、ヴィンセントが来シーズンもここにいることを意味する?
「今現在は」と、ジョーダンはオブザーバーに語った。「彼の方が職責から身を引かない限り」

ジャンパークラシック馬術競技をプロモートする昼食会のあとで、ジョンソンはヴィンセントに肯定的な評価を与えた。
「サムはたぶん、ゲームに関する知識なら最も切れるコーチの1人だろう。さらに、どうやって自分のチームを最高の方法でプレーさせるか考え出そうと努力する、最も熱心で献身的な働き者でもある」
ただし、ジョンソンはヴィンセントを完成品とみなしてはいない。
「彼に欠けているのは、NBAレベルでコーチをし、あらゆる決定をいつでもすぐにしなければならない立場での経験だ」

ジョーダンはまた、ディレクター・オブ・プレイヤー・パーソネルのバズ・ピーターソンが、大学のコーチに戻るための仕事を探しているという推測について語った。マスコミの報道は、ピーターソンをテキサス・クリスチャンとトリードのコーチ職に結びつけている。(ピーターソンはボブキャッツのフロント入りをする前に、テネシーとタルサ、アパラチア州立大、コースタル・カロライナでコーチをした)

ジョーダンはピーターソンと話していると言い、ピーターソンの辞任は予想していないが、良い機会を邪魔するつもりはないと語った。
「彼がコーチに戻る必要を感じるなら、私はバズ・ピーターソンの最高の利益のために行動する」と、ジョーダンは言った。「バズは、そんなつもりはまったくないと言っていた」
「でも、フロントの誰か――バズ、ロッド、バーニー(ビッカースタッフ)――が、自分自身や家族にとってもっと良い機会を見つけたら、私は、『それを追いかけろ。君には幸せであってほしい』と言うよ」


マイケルの友情に厚いところが好きだな〜。やっぱり、生まれ変わるなら奥さんや恋人より男友達がいいかも。マイケルと男同士の友情を育んでみたい。(笑)

2008年04月03日

【75】 vsキャバリアーズ

080402foulout.jpg114−118 (boxscore) 28勝47敗

また4点差で負けた〜。
レブロンがファウルアウトしてからの4分間で逆に点差を開かれたらしく。
FG53.1%でなぜ負ける…と思ったら、ボーネルさんも「オフェンスリバウンドを与えすぎ」
だよね…。

デヴィッドソンのステファン・カリー君がお父さんと一緒に観戦していたそうです。
レブロンがデヴィッドソンの試合を観戦していて、カリーをベタ褒めなんですよね。「すごくいい選手だ。小柄だし、最高に速いわけでもないけど、そんなこと関係ない」とか。
ステファンは、デル・カリーがキャブスでプレーしていた頃、レブロンの出身地でもあるアクロンで生まれたのだと聞いて、「それは知らなかった。だから優秀なんだな」

今日は場内の注目もステファンの一身に集まっていたとか。
そういえば、レブロンなのに満員になってないし。

マイケルの電話インタビューも訳せないうちに、シャーロット・オブザーバーにボブ・ジョンソンのインタビューが載っていたり、サム・ヴィンセント本人が更迭論へ率直な反論。(意訳)

「私にチャンスをくれ。最初の年から50勝しなければいけなかったのかい?今年のセルティックスならそうかもしれないが。大局的に判断されるべき状況というものがあると思う」
自分は4月16日のシーズン終了直後にジョーダンと会うことになるだろう、と――
「私が来シーズンも戻ってくるかどうかは、まだ話し合っていない。私は2年契約の義務を果たすことが期待されていると思うし、自分でもそういう計画でいる」
「振り返れば、他のやり方があったかもしれないと思う試合もある。たぶん、いくらかの経験が、私に違う決定をさせたかもしれない。だが、私がそれを理解するのは難しいことだ。どのコーチにも最初のシーズンがあるわけで、すべてのヘッドコーチの最初のシーズンの成績を知りたいものだね。全員が今年の私の成績より上だったのだろうか」
チームは劇的に良くなっていると思う――
「正しい方向に向かっていると思うのではなく、正しい方向に向かっていることを知っているんだ。シーズン当初と比べて、このチームは成長した。自分では疑問がないと思っている」
開幕前は第4シードを狙うとまで言ったが――
「ちっとも後悔していないよ。プレイオフへ挑戦するという気持ちを選手たちに植えつけるためだったから。それをやってのけなかったことは残念に思う。でも、また来年トライするさ」
「このチームはここまでずっと成長し続けてきたと思う。そこを評価してもらいたい」

2008年04月02日

コーチの去就問題

先月末、ESPNが『サム・ヴィンセントの更迭は必至』と書いたことについて、コーチ本人は、「(そのレポートに)興味はない。この職業には噂や憶測がつきものだからね。マイケルから解雇通告を受けるまで、自分にできる最高の仕事を続けることだけが私の焦点だ」

そして、火曜日の昼食会に出席したオーナーのボブ・ジョンソンは、コーチの去就について、「最終的な決定はマイケルが下すだろうが、私の見解を言えば、サムは確かな仕事をしたと思う」と、ヴィンセントHCを支持。

で、ボブ・ジョンソンの記事で『めったにインタビューを承諾しない』と書かれているマイケルが、オブザーバーの独占電話インタビューに応じ、ヴィンセントの仕事に不満はないが、来シーズンについてはまだ決めていない、と回答。
これ、久しぶりのマイケルの肉声だし、今からちゃんと読みます。(スラスラ理解したいッス)


午前4時半に起床してジムでトレーニングに励むというコンドリーザ・ライス国務長官が、フィットネス誌の取材に対し、初期のスポーツ・ヒーローはビリー・ジーン・キングで、マイケル・ジョーダンは "probably the most beautiful athlete of all time."と語ったそうです。
USA TODAY (AP)

ですよね〜♪

2008年04月01日

【74】 vsラプターズ

100−104 (boxscore) 28勝46敗

080331.jpgやっぱりボッシュがいると違うのな。
ボーネルさんの意見では、オカフォーもモハメドも、サイズがあって、アスレティックで、アウトサイドからプレーできるビッグマン(ボッシュ、ターコルー、ラシード・ウォレス等)を追いかけることができない。20フィートのジャンプショットがあるビッグマンをディフェンスできる人材がチームの改善点、だそう。
コーチのこんなリアクションを見ると、判定も勝負に影響したかも?

でも、3月は9勝7敗(ホーム4勝1敗、ロード5勝6敗)で今季初めて勝ち越しデス。
○□○○□■■■■■○■□□□●

ぴかぴか(新しい)ジェイソン・リチャードソンが先週のプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク受賞ぴかぴか(新しい)


4月の日程
 2(水)  CLEVELAND   7:00
 4(金)  at Toronto  7:00
 5(土)  BOSTON   7:00
 8(火)  MINNESOTA  7:00
 9(水)  at New York  7:30
12(土)  at Indiana  7:00
15(火)  at New Jersey  7:30
16(水)  PHILADELPHIA  7:00

モータースポーツAMAレース
・April 18-20 Barber Motorsports Park, Birmingham, AL
・April 25-27 California Speedway, Fontana, CA

バスケットボール 5日(土)NCAA FINAL FOUR サンアントニオ
バスケットボール 7日(月)NCAA FINAL

バスケットボール19日(土)Jordan Brand Classic

2008年03月30日

【73】 @ポートランド

○93−85 (boxscore) 28勝45敗

080329.jpg

いや、勝ってるし。
3連勝じゃーん!5日で4試合の地獄の遠征で3勝1敗。
そりゃまあ、ガソルのいないレイカーズやロイのいないブレイザーズですが。

今日も第4Q終盤の14−2ランで逆転勝利。
リバウンドが32対57でも勝てるンだな。(^^;

ただ、誰かの膝が頭に当たり、しばらくボ〜ッとなってしまったというウォレスが心配〜。
(3分ほどでプレーに戻ったそうだけど)

そして、
☆UNCも勝ってFINAL FOUR進出決定☆

2008年03月29日

【72】 @シアトル

○96−93 (boxscore) 27勝45敗

080328.jpg

ひぇ〜。第1Qの38対27にそこそこ安心していたら、第2Q+第3Qで逆転されて、残り49.8秒のフェルトンのシュートでやっと再逆転だったらしい。
ロード2連勝はめでたいけど、明日はポートランドなのに、J-Rich(43:27)とウォレス(45:53)を休ませられなかった。あっちのベンチが全員(+)で、こっちのベンチが全員(−)なんだもんね〜。(^^;

まあ、もう1勝も1敗も大差ないかもしんないけど。

と思っていたら、フェルトンは、「まだ(プレイオフに)トライしているよ。今でもそれが僕らの目標だ。(残り10試合で8位と4ゲーム差だが)8位争いを繰り広げているチームが全部負けて、うちがもぐり込む可能性だってないわけじゃない。うちがいるのはイーストだからね」
「僕らはずっと軽視されているけどさ。一緒にプレーし続けて、一緒に上達し続けて、そのうち成功すると思う」


さて、今夜はJ Sports ESPNで昨日のUNC vs. ワシントン州立大を録画しながら見ます。
CBSが盗撮してくれているといいな。(笑) 
・・・来てたかどうか知らないけど、たぶん来てはいたでしょう。
明日はまたボブキャッツアリーナでリック・ピティーノ率いるルイビルと対戦。

それにしても、デル・カリーの息子の童顔の2年生のステファン君はすごいです。今日も33得点の活躍で第3シードのウィスコンシンを撃破しました。どうやらスポイラの表紙も飾るみたいだし、「家族と過ごす時間が欲しい」という理由でアシスタントコーチ就任を辞退したお父さんは、ラジオ解説の仕事も休んで応援に専念している模様。ただ、次はカンザスだからな…。

2008年03月27日

【71】 @LAレイカーズ

○108−95 (boxscore) 26勝45敗

0327Nelly.jpg

え?そりゃあ、ガソルはいないけど〜レイカーズに敵地で勝てるとは。(立ち上がって喜んでいるのはボブキャッツ・パートオーナーのNelly)

J-Rich:34得点&10R&3スティール&2ブロック&2A
ウォレス:15得点&8R&7A&2ブロック&2スティール

今日は52リバウンドで20ターンオーバーを帳消し。
ホリンズとデヴィッドソンの出番が長くなるにつれ、プレータイムが減って不調に陥り(?)、昨日の試合後の表情もフラストレーションいっぱいだったらしい(自分への怒りかどうかは不明)オカフォーも今日はダブルダブル。

キャロルにファウルしたあとボールを蹴ったとかで、コービーはテクニカル2発で退場してます。めずらしいこと。(ボーネル記者によれば、第2Qにジェイソン・リチャードソンを床に倒して審判に逆ギレしたときは見逃されたそうですが)

2008年03月26日

【70】 @ユタ

0325Okafor.jpg106−128 (boxscore) 25勝45敗

ま〜ね〜12月にシャーロットで勝っちゃってますから。
シュートは良く入っているのに(入れられすぎだけど)、リバウンドがひどい。ORが7対20でTRが28対49・・・
ここ数試合オカフォーの不振が目立つなぁ。
今週はちょっと時間がなくて詳しく記事を読んでいないけど、別に故障とかではなさそうだし〜。

2008年03月23日

【69】 vsヒート

○94−82 (boxscore) 25勝44敗

080322Nazr.jpg

いくらなんでも勝つだろうと思える唯一の相手。(^^;
まだ100%には戻っていないというウォレスが26得点、J-Richが24得点、モハメドが16得点&14リバウンド。
ジェイソン・リチャードソン:「5連勝のあとで5連敗して、今度は5日で4試合のタフな遠征が来るから、今夜の勝利は軌道修正のために重要だったと思う」


ところで、現在NBAにはNCAAチャンピオンが35人いて、そのうち6人がボブキャッツに在籍しているそうなんですが。フェルトンとメイ(ノースカロライナ)、オカフォー(コネチカット)、デレク・アンダーソン(ケンタッキー)は分かるけど、あと誰?と思ったら、ジェイソン・リチャードソン(ミシガン州立大)とナジー・モハメド(ケンタッキー)だそうです。
ミシガン州立大が優勝したとき、J-Richいたんだ?(^^; 

残り29名で私が知っているのは・・・ノースカロライナのマッキャンツとマーヴィン・ウィリアムス。オカフォーのチームメイトのベン・ゴードン。コネチカットといえば99年のリップとボスクール(ラジオの生中継で応援したもん)も。ミシガン州立大ならモーリス・ピーターソンは覚えている。ケンタッキーのエースはアントワン・ウォーカー。あと〜アリゾナのマイク・ビビー・・・ここ数年はスポセンも見なくなったしな〜。シェーン・バティエ時代のデュークの皆さん、ダンリービー&デュホン&ブーザーあたり。あ、グラント・ヒル!
そもそも、NCAAで優勝したのがどこかサッパリ覚えていないしさ。ああ、去年と一昨年のフロリダのノア&ブリューワー&ホーフォード。(笑)
その前はUNCでしょ・・・その前って・・・あ、シラキュースのメロとワリックだ!
あと誰?

2008年03月20日

【68】 @インディアナ

0319Hollins.jpg95−102 (boxscore) 24勝44敗

8日で5都市を転戦して、もうヘトヘト。

J-Richが1番元気かも:20得点&10R&8A&3スティール。
久しぶりにプレーしたホリンズが11得点&3R。
控えに回ったキャロルも18得点(FG 6-9)&3R。
ウォレスが17得点&6R。
オカフォーとモハメドは2人で5リバ・・・。

22日にホームでマイアミを迎えたら、今度はNCAAトーナメントにアリーナを明け渡し、5日でユタ、LA、シアトル、ポートランドを回るのです。(T_T)
ま、プレーオフの期待も消えた(とっくに?)し、それほど試合結果は気にしていないけど。
てゆーか、プレイオフまでは他のチームのこともどうでもいい感じ。
NCAAトーナメントでドラフトの予習でもしましょうかね〜。(^^;

2008年03月18日

【67】 @メンフィス

0317DA.jpg80−98 (boxscore) 24勝43敗

5連勝したチームはいずこへ・・・遠征疲れは分かるけど、今のグリズリーズに18点差で負けるかぁ。

ミラーとゲイのフォワードコンビに合わせて、J-Richとウォレスを先発起用していますが、活躍したのは控えのデレク・アンダーソン(17得点 FG 7-10)とダドリー(14得点 FG 6-8)。


で、結局、マイケルはBig Tenトーナメントに来たのかどうかも分からずじまいでした〜。
そう言えば今月初旬、シャーロット・オブザーバーのコラムニストが――

ボブキャッツが連勝しても市民は無関心だ。職場や街角で話題になるのはカレッジバスケばかり。その責任の大半はボブキャッツにある。この組織はファンが現れるかどうか本当は気にしていない。
ファンはアリーナへ行く理由が欲しいのだ。レイカーズのファンはコービーたちを見に行く。クリーブランドのファンはレブロンを見に行く。彼らは偉大さと交流するチャンスがあるから出かける。ボブキャッツを運営しているのはNBA史上最高の選手だが、ファンがアリーナで出会える可能性は極めて低い。
ジョーダンがスイートで観戦する理由は分かる。そこでなら、人目を気にせず反応できるからだ。しかし、ティップオフの前にコートサイドをぶらついたり、シーズンチケット・ホルダーに挨拶をしない理由は?
やたらと愛想を振りまく必要はない。ただ、そこにいたまえ。

――と。
まぁ、ラリー・バードはオールスター・ウィークエンドにも全く姿を現さないから、マイケルの方がマシだよね。

2008年03月17日

【66】 @クリーブランド

0316J-Rich.jpg91−98 (boxscore) 24勝42敗

J-Richが好調(FG 13-24, 3P 6-11)だから最後まで競ったみたいだけど。
何か、リキャップ読む気がしない。

そして、ACCトーナメントはUNCがきっちり優勝。
残念ながらイリノイもアップセットはなりませんでした。
ジェフは8分で2得点(FG 1-1)&1アシスト。
「僕たちのこのトーナメントでのプレーは、来シーズンへの自信を与えてくれた」


憂さ晴らしにBull Session注文しちゃった。
あと、梅田香子さんのブログで紹介されていた懐かしの映像(なぜか音声なし)です。この放送があったことはあとから知って、でも当時はマイケルの映像に不自由していなかったし、地団駄踏むほどではなかったな。(笑)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。