2008年10月12日

9日のMJ

何かよく分かんないんですけど、フロリダ州オーランドにて2000名を超える陸軍州兵の前で 2009 No. 23 National Guard Michael Jordan Motorsports Superbike のお披露目ということかな。Michael Jordan Motorsports と Army National Guard のコラボ?
投稿してくれたのも軍曹さんらしいし。

Flickr-1 (クライド・ボーン中将と)   Flickr-2 (背比べ)

んんんん、画像をUPできないとつまんねー。

サクラメント・キングスのケヴィン・マーティンとシャーロット・ボブキャッツのD.J.オーガスティンがジョーダン・ブランドと契約した(する)みたいですね。

nicekicks.com

私はせっかくの三連休に風邪でダウンしてます。若い頃は体力があったから、「なんかフワフワするなぁ」と思ったら39度も熱があった、とかそんな感じだったけど、最近はもうダメです。風邪薬を飲んでもヘロヘロ。いつものネット巡回もできません〜。
posted by まき at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

バイクレースへの情熱

今週末はカリフォルニア州でAMAレースですが、マイケルは行っていないらしい。
ドラフトの準備で忙しいのでしょうか。
ラリー・ブラウンさんに「100%のコミット」を念押しされちゃったしね。(^^;

今季スーパーストック部門で6戦中2勝したアーロン・イエーツのコメントによると、「彼が来るのは全レースの4分の3くらい」で、「自分に手伝えることは何でも言ってくれといつも言っているし、本当にオートバイが大好きなんだよ」とのこと。
4分の3も現地観戦しているのですね。

THE PRESS DEMOCRAT


ところで、神になってもいいよと言った途端、Kobe could be on pace to pass by MJ というコラムなんかあったりして〜。(笑)
以前だったらむきになって読んだのでしょうが、ま、言われているうちが華ってもんですよね。
――「次のマイケル・ジョーダン」は忘れろ。古い質問はもうすぐ、「誰が次のコービーになろうとしているか?」に変わる――とか言ってるうちはまだまだ。

それでもなんでも、スパーズが相手ならコービー応援しますから。
あらゆる手を尽くして勝利にこだわるのも1つの道だとは思うけど、それは覇道であって、昔のピストンズのように王道のベビーフェイスに倒されるのが宿命・・・というプロレスのような展開を希望。(^^)

posted by まき at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

@デイトナ

Flickrにアップされていました。6日らしいです。

080306Flickr0311.jpg

ほぼ3週間ぶりだから載せとこ…(太った?とか言わない)
posted by まき at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

08年のマシン

今年もバイクレースのシーズンが始まり、まず初戦(@デイトナ)のスーパーストック部門でジョーダン・スズキのアーロン・イエーツが優勝、ジョフ・メイが3位入賞。
今年のマシンはパウダーブルーが復活し、AJ XX3のアーガイル模様が使われていますね。
(歴代マシンはこちらで)
オフィシャルHPも新しくなっています。(初期のようにマイケルの画像をプリーズ!(^^;)

08Yates.JPG  GeoffMay.JPG

08Bike.JPG  JordanSuzuki.PNG
posted by まき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

バイクレース雑誌

NT-ROADRACER.jpgインタビューが載っているらしいんです。
NIKETALKの投稿

AMAに関するインタビューにはあんまり興味がないから助かった。(^^;
6月のインタビューもまだ(あ!)放置したままだし〜。

表紙はアーロン・イエーツで。
そういえば、先週末のAMAレース最終戦で、ジェイク・ホールデン(キャリア初優勝)とイエーツがワンツーフィニッシュしてました。

NT-magazine.jpg 070916.jpg

審議が入って暫定とかいう話だったけど…。
posted by まき at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ジャーン

MJ0623.jpg

と、たまには大きく載せてみたかったので。
23日(ん?23日って、ジェフ君のオールスターゲームの日じゃん…(^^;)にユタ州のミラー・モータースポーツ・パークでAMAレースを観戦したらしく、AMAやサイクルニュースの共同インタビューを受けています。

INTERVIEW - Michael Jordan Speaks Out 

His Airness Speaks: A Conversation with Michael Jordan

バイクのこともバイクレースのことも知らないから、読むのが大変そう…。
posted by まき at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

トリビューン独占インタビュー(3)

NBA関連の部分。これで終わりです。
ファイナルは〜途中経過を見てしまって意欲減退〜第4Qだけ面白そうかな。(^^;

0603tri-3.jpg

エグゼクティブとしてボブキャッツでは何が変化したか:
最終決定権だ。私がゲームを理解しているやり方で自分のチームを作り、より多くの決定を下す権利。ワシントンでは十分な時間を与えてもらえなかった。財政的には危機を脱したように思ったが、さらに進める機会は与えられなかった。今のように、自分でも投資して最終決定権を持つことで、うまくいくだろう。あれ(ワシントン)は私にとって良い経験だったと、いつか証明できると思う。私は成功だと思っていたんだ。プレイオフに進めなかったせいで、ほとんどの人はそう考えてくれないが。ただ、ビジネス面は好調だったし、その多くは私が築いたチームと私が採用したスタッフに負うところだった。そこにいくらか、お返しをしたいという気持ちがある。それが私の競争心だ。

ジョン・パクソンについて:
パックスは素晴らしい仕事をしていると思うよ。パックスは常に愛され、素晴らしいリーダーだと考えられてきた。シカゴをトップへ返り咲かせるために、このフランチャイズを前進させようとしていると思う。今季は素晴らしいシーズンだったし、そこを足場にチーム作りを進めるつもりだろう。

ブルズが必要とするもの:
どんどん良くなる若手プレイヤーが何人もいるし、ペリメーターのゲームは本当に強い。でも、バランスが良い攻撃のために必要なインサイドプレイヤーがいないね。ディフェンス面は非常にハードだ。私は彼らのゲームが好きだよ。(スコット)スカイルズのコーチングは素晴らしい仕事ぶりだし、パックスはチーム作りで素晴らしい仕事をしている。

クリーブランドとレブロン・ジェームズの支配力について:
なかなかの成長が見られると思う。見込みや兆候はかねてからあった。リーグのためにも、クリーブランドのためにも、レブロンのためにも必要だと思っていたことが、ちょうど起こったわけだ。次のテストは、一貫すること、その上昇を継続すること、そして自己満足しないということだ。

ジェームズが‘飛躍(The Leap)’したかどうか:
彼は兆候を示した。"The Leap"というのは、毎晩毎晩そうすることだ。そう求められ、その通り実行すること。私にとっては、それが"The Leap"だ。1試合や2試合ではなくてね。一貫していること。すべてのディフェンスが自分に集中しても、ゲームに影響を与えること。彼はその兆候を示したと思う。そして、これからも成長を続けるだろう。今後のテストは、それを毎晩毎晩、誰もが求めるときに、彼自身も望んでいる場面で、一貫して続けるということだ。でも、彼はカンファレンスファイナルで、正しい方向へ大きなステップを踏み入れた。次のシリーズは、「どこまで進みたい?」と問うことになるだろう。

コービー・ブライアントとフラストレーションについて:
フラストレーションはゲームの一部だ。特に競争心が強い者にとっては。ひどく勝ちたい人間がいて、かつて頂点にいたことがあり、再びそこに戻りたいと願い、それでも現状では絶対に無理だと悟り、理由を探すんだ。彼を喜怒哀楽の激しさで判断するのは不幸なことだと思う。彼は今、他の若者たちがまだプレーしているところを見ている。そして自分は違う。それが彼をいらだたせる。そして理由を探し始める。

それは理解できるが、彼には優れたGMと優れたコーチという申し分のないシナリオがあると思う。私はフラストレーションを理解している。自分がそういう状態になったことはないが、共感できないとは言えない。今は最悪の時期なんだ。選手ならプレーしたいと思うはずだ。誰が家でバスケットボールを見ていたい? シーズンの最も重要な時期にコートにいたいものだ。だから、座って、イライラして、なぜかという理由を探したり非難したりするようになる。バスケットボールが終わって夏が来れば、彼もそこから脱するだろう。落ち着きを取り戻し、組織が正しい動きをしようと努力していることを理解すると思う。

「チームはマイケルよりスコッティを欲しがる」というスコッティ・ピペンのコメントについて:
それも一理ある。私は、ウイングマンとしてのスコッティ・ピペンや自分のチームメイトとしてのスコッティ・ピペンの重要性を傷つけたり貶めたりするつもりは一切ない。誰もが、おそらく、スコッティ・ピペンを必要とする。成功したチームの多くは、マイケル・ジョーダンが必要だろう。どちらか1人とは言い難い。どちらか1人いれば勝てるか? 私には分からない。今までその観点から考えたことがないんだ。

チームは常にリーダーを必要としているし、そのリーダーを支える誰かを必要としていると思う。それが私の考え方だ。(彼のコメントは)ポジティブな方向で解釈している。どのチームにも一歩引くことをいとわない人間が必要だ。同じレベルで競合することは、時としてチーム全体の利益にならないことがある。チーム内に一定の役割があり、各自がその役割を果たすことができれば、成功につながるだろう。だから、私は何もネガティブなとらえ方はしなかった。OK、それは彼の意見だ、という気持ちだ。

それでも、チームはマイケル・ジョーダンを必要とすると思う。ビッグショットを決めてチームに自信を与えてくれそうな男を必要とすると思う。そして、スコッティ・ピペンのような男も。彼は最高のボーカル・リーダーではないが、ほとんど差はない。

リーグとゲームについて:
多くの偉大なスターたち、成熟したスターたちのおかげで、リーグは本当に長い間頂点にあった。現在のリーグはずいぶんと若くなり、再び頂点に戻ることが可能だとしても、しばらく時間がかかるだろう。同じポイントに戻るとは保証しない。私は異なる方向を取ろうとしていると思うが、これからも持続するはずだ。

posted by まき at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

トリビューン独占インタビュー(2)

なかなか進まないので、今回はバイクレースに関する部分のみ…。
はかどらない理由の1つは、こういうインタビューで44歳の男性がどういう言葉遣いをするかよー分からんため。(^^;
キチンとした公式会見や「オレ」的な日常会話と違い、この程度のインタビューってビミョー。
44歳にもなると「僕」なんて言わないのかなー。

Michael Jordan one-on-one

By Brian Hamilton
Tribune staff reporter June 3, 2007, 10:44 PM CDT

0603tri-5.jpg日曜日の午前11時過ぎ、マイケル・ジョーダンは魔法瓶と葉巻を手にして、レースの1日が始まる期待に目を輝かせ、ウキウキした足取りでロード・アメリカの施設に入った。
遠い丘の頂上を覆う灰色の雲もほとんど気にしていない。
デッキに腰掛け、トラックの向こう側で準備中のジョーダン・スズキ・チームに熱心に手を振っている。
2004年の深夜にシカゴのガソリンスタンドで何人かのライダーと出会ってから数ヵ月後、ジョーダンは自分のモーターサイクル・レーシングチーム(マイケル・ジョーダン・モータースポーツ)を作り、AMAスーパーバイク&スーパーストック・シリーズに複数のレーサーを出場させている。
日曜日、23号線をドライブしてレース場へやって来たジョーダンは、早い時間帯のレースから熱心に観戦していたが、土砂降りのメインレースの前に、トリビューンとの1対1のインタビューに応じてくれた。

ライダーたちとの深夜の出会いについて:
ジャケットもヘルメットもブーツも身につけていないことを注意されたんだ。ライディングをするなら、少なくとも多少の保護具は身に着けた方がいいと教えてくれた。法律的には、アイウェアさえ着用すれば、ヘルメットをかぶる必要はないんだけどね。別にクレイジーなことをするつもりはなくて、普通に走っていただけだし。まあ、すぐ翌日に一通りのものを買いに行ったよ。その日から、彼らとの付き合いが始まったんだ。

深夜1時とか1時半ごろ、高速道路を一緒に走って楽しい時間を過ごすようになった。僕が出掛けると、皆が集まってくる感じでね。そのうち、8人か9人で走っていたのが30人とか40人に増えて、ちょっと危険な状態になった。だから、僕たちはこっそり抜け出そうとしたんだ。でも、僕がいないことに気がつくと、皆で探し始めるんだよ。

モンテス(スチュワート)に会ったのはその夏の遅く。彼がストリートでどれほど速いかということは、周りから聞かされていた。その後、彼と一緒にトラックへ出掛けたとき、まだライディングに大望を抱いていると知って、「なあ、自分たちでチームを作って、何ができるかやってみよう」と持ちかけたんだ。僕は彼らにこの競技を紹介してもらい、それからずっとはまっている。

何にとりこになったのか:
0603tri-1.jpg熟練のテクニックだね。僕はNASCAR育ちだから、ずっとレースの大ファンだった。でも、オートバイに重要なのは、直感、反応なんだ。ライダーはバイクを操作する。オートバイで正しいポジションを取るのは非常に技術を要することで、低速ギアに切り替えたり、高速ギアに切り替えたり、そういうもろもろのことがNASCARとは少し違う。NASCARは常に左回りだし、ずっとサークルを走るわけだから。NASCARはアートであり、けなすつもりはないよ。ただ、反応のスポーツがもたらす感覚、ライダーたちの反応がどれほど速いか…本当に迅速な意思決定を下す必要があるんだ…というところに興味をそそられた。

ジョーダン・スズキのビジネス面について:
何よりもブランドの認知だと思う。それによってバスケットボールシューズやTシャツや何かをもっとたくさん売るということではないよ。僕にとっては趣味とか道楽で、ビジネスの観点からは考えていない。ホンダやヤマハやスズキはオートバイを販売している。でも、僕はテニスシューズを売っているわけだから。

実際にはどう関わっているか:
参加しているというより、財政的な関わりだ。タイヤ交換とかギアの把握とか、そういった類のことではなく。とにかく、勝つことができる最高のチームを作りたい。自分としてはそうやって競っている。ここにいるライダーやメカニックたちの勝利への夢をサポートできるように、適したスタッフ、適したマシーンを見つけようと努めている。まあ、自分の金をたくさんつぎ込んだ見返りといえば、スポーツの楽しみと、多少のブランドの認知度だけだろうが。

0603tri-2.jpgどのようにライダーを支援しているか:
メンタル面に影響を与えているかもしれない。勝利や競争についての思考過程に。その部分はどんなスポーツでも似ているから。出来事やチャレンジをどのように受け止め、どのように立ち向かうか、そういうことをある程度は話すことができる。僕がこのチームのためにできる最大の貢献は、そういうメンタル面のことかな。自分を卓越させ、競争するためには欠かせないことだしね。

低予算のチーム(※ホンダ、ヤマハ、スズキなどファクトリー・チームの運営費は2000万ドル、ジョーダン・チームは200万ドル)であることについて:
アンダードッグでいるのは好きだよ。期待が小さければ、優勝候補を負かす方法を見つけに行くだけだ。ファクトリー・チームの装備は充実しているから、負かすのは難しいことだが。僕たちは、その経験や知識のいくらかを得ようと試みている。それはタフなことだ。でも、僕の関心や情熱は、たとえ何があろうといつかはこのチームを成功させ、最も高い位置に近づけ、勝たせるために適切な方法を見つけようとしているくらい強いよ。

どのくらいレースにとどまるつもりか:
自分が愛し、楽しんでいることに期限を設けるのは難しい。長く続けたいと思っている。チームを成功させたいと思っている。
posted by まき at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

トリビューン独占インタビュー

もう当分マイケルが表に出てくることはないだろうな〜と思ったら気が抜けてしまい、昨日は1日ネット休み…午前中は用事を片付け、昼寝して、午後6時から女子アジア選手権の日本vs中国を観戦(祝☆6年ぶりの勝利☆)、8時からWOWOWでパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストを見て、さてネットでもしようと思ったらエラーになり、猫と遊んで寝ました。
何か最近、毎日更新にとらわれていたところもあったんだけど、昨日休んだらニコチンが抜けたので、これからはブログの更新をスローダウンしようと思います。
いや、マイケルの追っかけは私の趣味であり楽しみであり喜びでもあるので、たとえ誰かに止められても続けますけどね。

・・・とか思った矢先!
きゃ〜☆マイケルのインタビューだ〜☆彡
スローダウンどころじゃないや。
3日午前、ウィスコンシン州のレース場でトリビューンがインタビューを取ってくれました♪

0603-6.jpg

とりあえず、めずらしく家族について語っている部分――

イリノイ大学へ進学するジェフについて:
ジェフのために喜んでいるよ。親が、「ノースカロライナ大学へ進学すべきだと思う。あそこは私の母校だから。お前が私と同じ道を歩むところが見たい」と口を挟むのは簡単だけどね。私には違うんだ。それは彼にとってタフな選択だったろう。過剰な期待がかかるせいで。彼の名前はマイケルじゃない。彼はマイケル・ジョーダン・ジュニアではない。ジェフリーだ。彼は彼自身なんだ。私は息子にマイケルという名前を付けたくなかった。ジュニアは望んでいなかった。息子が対処しなくてはならないプレッシャーを知っていたからね。彼はとても成熟した若者だ。大学に進学し、学生生活を楽しみ、さらに、取り組むべき課題を自分に与えたかったのだと思う。他の学校に行って奨学金をもらうことは簡単にできた。でも、学生生活を楽しむと同時に、チャレンジが欲しかったのだろう。

マーカスの今後(※ロヨラ・アカデミーから優秀な1、2年生がそろう高校への転校が噂されている)について:
ホイットニーヤングに行くと思うよ。私たちも同意した。本人がそう希望しているし、彼にはやりたいことを選ぶ自由がある。学業さえおろそかにしなければね。子供たちにはいつもそう言い聞かせているんだ。マーカスは転校するつもりだろう。最終的にはホイットニーヤングへ行くことになりそうだ。彼は大きな可能性も手に入れた。兄がいてくれたおかげでプレッシャーが軽くなって良かったが、もう1人で大丈夫だろう。

ファニータと離婚後の家族生活について:
私たちは良い関係だよ。離婚はしたけれど。彼女と私は良い友達だ。毎日話もしている。とてもポジティブだよ。ネガティブな考えを投げかけようとする人々が多いのかもしれないけれど、私たちはとてもポジティブな家族だし、父親と母親として子供たちが正しい選択をできるように可能な限りの努力をしている。私と彼女は子供たちのことでつながっているんだ。彼女は今でも私の親友の1人だ。


・・・それは何よりです。だったら別れなくても良さそうな気もするけど。(^^)
posted by まき at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

初優勝

22日のAMAスーパーストックレースで、アーロン・イエーツが優勝。4年目のジョーダン・スズキに初めての栄冠をもたらした。
2位もジョーダン・スズキのジェイク・ホールデンで、表彰台の1,2位を占めた。

yatespole.jpg  birmingham07.jpg

posted by まき at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

今年のマシン

04.jpg 2004年  

05.jpg 2005年 

06.jpg 2006年

07JakeHolden.jpg 2007年

4年目を迎えたJordan Suzuki。オフィシャルサイトもリニューアルされていますが、今年のマシンはずいぶんとオーソドックスですね。(^^)
ジェイソン・プリッドモアは引退。スティーブ・ラップは移籍したようで、今年のライダーはジェイク・ホールデンとアーロン・イエーツの2人。
posted by まき at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

まだスペインに

NickyHayden.jpgそれとも、1度シカゴに帰って出直した?

昨夜6時45分から生中継されたMotoGP最終戦バレンシアGPをしっかり録画した私。
でも、ちゃ〜んとマイケルが映っていたからいいです!
・・・6時間も録画して数秒だったけど。(笑)

15日のポルトガルGPで転倒に巻き込まれ、5連覇中のチャンピオン、バレンティーノ・ロッシにポイントを逆転されたニッキー・ヘイデン。ところが、バレンシアではロッシが転倒。3位に入ったヘイデンが総合優勝…という展開らしいデス。

<で、レース直後は大泣き。

中継アナのコメントによれば、マイケルもアメリカ人であるヘイデンの優勝を見たいと語っていたとか。

あ、そーそー。
まだヒゲは剃ったままでした。(^_^;)

posted by まき at 20:22| Comment(2) | TrackBack(1) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

28日のMJ

0428california.jpg <あの翌日はカリフォルニア


そういえば、28日から30日までAMAレースだった。
明日の(というか、今日の深夜)ゲームには来てくれないかな・・・。

リーグパスでは2時から生中継なのです〜。
10年前だったら、もちろん深夜だろうと何だろうと見ます!が、今はちょっと2時から4時半はきつい。見たいのは見たいんだけど・・・。


AMAレースの方は、現在の総合ポイントで8位(プリッドモア)、11位(ホールデン)、12位(ラップ)と、ノンファクトリー・チームとしては好成績。

0428pridmore.jpg  Holden.jpg <ライダーはこんな感じ
posted by まき at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

2004年10月30日バレンシア

MotoGP最終戦を初観戦した際の動画が、YouTube にありました。
当時、公式サイトで登録メンバーだけに公開されていたビデオでしょう。

最初は後部シートに乗せてもらうはずだったのが、セテ・ジベルノーにそそのかされ?自ら230馬力のDucati Desmosedici でサーキットを疾走する様子や、MotoGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシが運転する車に同乗し、荒っぽいコーナリングにヒーヒー言っているところ(笑)デス。


MJ Ducati (うちのMacOS8.6 でもYouTube のビデオを見ることはできますが、この貼り付けはうまくいっていないので、一応アドレスはこちら


■2月11日にTBSの関東ローカルで放送されたCBSドキュメント(60 Minutes)が、3月29日(水)21:00から、スカパーやケーブルTVの「ニュースバード」で放映されます。(番組予定
posted by まき at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

MJ@デイトナ

TNTが放送するというMJモータースポーツのビデオクリップとやら、日本では関係ないと思って、すっかり忘れてたー。(15日の記事参照)
本当にプレゲームショーとポストゲームショーのみで放送されたのだろうか。
サンズ@ジャズのハーフタイムショーでもやっていたとしたら・・・むむ、不覚。

仕方ないので、nba.comでメンバー登録して(延ばし延ばしにしてきたけど、マイケルを見るためならソッコーです(笑))、TNT OVERTIME で Michael Jordan on Motorcross Racing のビデオを見ました。

またまた、“用心棒”オークも一緒です。何ともまあ、スタジオのバークリーに「YMCA」とおちょくられる、上半身レイザーラモンHGみたいなファッション。(^^)

チームの公式サイトも新しくなっていますね。


■ブルズ
デュホンが背中(?)を痛めているので、ガードのランディ・リビングストンと10日間契約。
ロケッツにいたのは記憶にあります。あの頃は熱心にNBAを見ていたから。(笑)

しっかし、どーしてブルズ戦で復帰するかなぁ、ジャメイン・・・。
posted by まき at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ニューデザイン

06JordanBike.jpg

3年目を迎えたMichael Jordan Motorsports の2006マシン。
ライダーも、ジェイソン・プリッドモア、スティーブ・ラップ、ジェイコブ“ジェイク”ホールデンの3人になり、「我々はファクトリー・チームに対抗しうる唯一の私有チームであり、今季はチャンピオンシップを含めて、いくつかのレースに勝てるのではないかと、かなりの手ごたえを感じている」(チーム・マネージャー)

スーパーストックとスーパーバイクの両方に参加しているらしいんですが、スーパーストックはスポーツ・アイESPNで放送していたかな?(ま、どうせオーナーはTVに映ってくれないからね…)
posted by まき at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

ほぼ1年前のインタビュー

公式サイトのQ&Aは、2005年のシーズンが始る前のものでしたね。ということは、もう1年前。ちゃんと読んでも目新しい内容ではなかったし、短いから読んじゃった方も多いと思いますけど、一応UPを。(^^)


Q:あなたの関心をAMAに向けさせたものとは?どうしてスーパーバイクレースに関わるようになったのですか?

MJ:レースやオートバイはずっと大好きだったんだ。シカゴで走っている時に、ジェームズ・キャスメイやモンテス・スチュワートと知り合い、僕の気持ちを確かめるためにトラックへ連れて行かれてね。それから夢中さ。AMAシリーズに向けたチーム作りについて話すようになり、たった数カ月後にはマイケル・ジョーダン・モータースポーツを始めることができた。そして1年後、こうしている。

それも、スポンサーがいてくれなければ無理だったろうけれどね。ジョーダン・ブランド、スズキ、オークリー、ゲータレード、ジョー・ロケット、アッパーデック、MMI、ブルー・エミュー、ヨシムラ、ダンロップ、ジェミニ・テクノロジー、それからすべての製品スポンサー。彼らのおかげで、他に負けないレースバイクを造り、集団から一歩先んじて、優勝争いに加わることが可能になった。

Q:ずっとオートバイ狂でしたか?

MJ:ずっとレースやオートバイのファンだったよ。すぐ上の兄と僕は、ノースカロライナで育った子供として、ナスカーの大ファンだった。ダートバイクを持っていて、いつも2人で乗ったものさ。

Q:2005年のチーム・グラフィックスは何からインスピレーションを得たのですか?

MJ:チーム・グラフィックスはエア・ジョーダン20を反映している。僕にとって意味のある、重要な出来事や一生を通じて刺激を与えてくれた人々を表わす200以上のアイコンを含めたグラフィックスなんだ。

Q:AMAで2シーズン目を迎えるマイケル・ジョーダン・モータースポーツについて、あなたの目標は何ですか? そして、その目標の達成に向け、あなたはどのように取り組んでいますか?

MJ:競争力があるようになりたいね。我々がコンテンダーであることを証明し、チャンピオンシップにチャレンジして、表彰台に到達したい。勝利はスポンサーシップ計画の役にも立ち、来年さらにもっと良いチームを送り込む助けになるだろう。元AMAチャンピオンでFIM世界耐久王者だったジェイソン・プリッドモアや、同じくらい経験豊かなスティーブ・ラップをチームに加えたことで、我々はすでに好スタートを切っていると思う。

それと、ジェミニ・テクノロジーのクルーには、元AMAチャンピオンのリッチ・アレクサンダーとAmmar Bazzazがいるんだ。アレクサンダーはAMAナショナルチャンピオンシップで何年もレース経験があり、Bazzazはマット・ムラディンが所属するヨシムラのクルーとして6年、ムラディンの5度の優勝のうち3度に関わってきた。チームのサスペンションとデート収集システム部門を率いているのがBazzazだ。

Q:ジョーダン・スズキの長期的な目標は?

MJ:もちろん、他の全チームと同じ目標だよ。各レースとチャンピオンシップに勝つこと。チームを発展させ続け、この業界と競技の成長に寄与したい。

Q:AMAスーパーバイク・チャンピオンシップとNBAには類似性がありますか? 全体的に見て、チャンピオンシップで勝つための成功法として重要な要素は何ですか?

MJ:どういう状況であろうと、勝利は多くのチームワークと専心、献身や犠牲を必要とする。うちのクルーは毎日、自分のために働くのではなく、チームや同僚やライダーのために働いているのだという考え方で仕事に来るんだ。成果を上げれば自分の利益になるという考えで、皆が自分のために働き始めたとたん、チームコンセプトは完全に消えてなくなり、勝利は非常に難しくなる。このグループは、お互いとチームの成功に対してとても献身的で、チームを成功させるために必要なことなら、どんなことでも進んでやる人間ばかりだよ。

Q:モトGPやワールド・スーパーバイクのプランはありますか?

MJ:今はないけれど、興味はある。モトGPには、最も速くてパワフルなバイクに乗る世界最高のライダーたちがいる。モトGPに参戦することは全員の目標だが、今はまだ準備が出来ていないんだ。

Q:将来はあなたもレースに出場するつもりですか?

MJ:いや。練習日にトラックで走るのは好きだけど、レースに出場する野心はない。それはチームに任せるよ。僕はジェイソン・プリッドモアのSTARスクールで十分だ。

Q:ジェームズ“ブッバ”スチュワート(スーパークロス)とリッキー・ガッドソン(ドラッグ・レーシング)について、どう考えますか?

MJ:彼らはそれぞれの競技における素晴らしいアスリートだ。2人を見るのは好きだし、今年のレースでの活躍を祈っている。

Q:オートバイレースという競技に関わるようになってから、最も忘れ難いオートバイでの経験は?

MJ:バレンシアのモトGPに行き、カーティスとケニー・ロバーツ、コリン・エドワーズ、セテ・ジベルノーと一緒にモトGP用のバイクで4周ライディングしたこと、その後バレンティーノ・ロッシのBMWに乗せてもらったことだね。最高のライダーと一緒にあれほど高速のバイクに乗ることができて、とても楽しかった。すべてが信じられないほど素晴らしい経験だったよ。

MotoGP11   MotoGP6
posted by まき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | バイク | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

MJ MotorSports 公式サイト

いよいよAMAレースの方に本腰を入れるつもりなのか(なのか?)Michael Jordan MotorSports Official Site が出来ています。
他では見られないレース場での様子が嬉しい晴れ
でも〜FLASHだから保存できないぜ・・・。
FLASHを保存できるソフトもあるらしいですよね? Winなら可能かな。
(お、マイケルはMac使ってた☆)
インタビューもあったので、そのうち訳してみたいと思いますが、内容的に目新しいことはなさそうですね。PDFだからやりにくくて時間がかかるかもデス。(^^;
posted by まき at 21:07| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

20秒/4時間15分(笑)

MJ_051106

今年はおとなしくレースを観戦しただけなんですね、残念〜。
録画したビデオを早送りして、正面10秒&後ろ姿10秒発見しました。(^_^;
「マイケル・ジョーダンは自家用ジェットで例のごとく最終戦に乗り込んで来ました」と日本のアナウンサー氏。解説者によると、「MotoGP参戦を希望し、来年に向けて周辺にいろいろ動き」だそうです。

そういえば、AMAチームの動きとして、新しいライダーを追加、モンテス・スチュワートとの契約は更新しない(が、サポートは続ける)というニュースを最近読んだばかりだけど、当のモンテス・スチュワートもマイケルと一緒にバレンシアGPを観戦していました。ライダー契約はもらえなくても友人の座は安泰のもよう。

《スクーターにまたがる5日のマイケル@GettyImages》
          


★本のサイン会やらハロウィンパーティーやら、相変わらず話題豊富なデニス。日曜日にフィンランドのプロリーグで史上最多7500人の観客を集めてゲスト出演(出演?)スリーポイント5-13でチームハイの17得点に6リバウンド。試合は80-74で負け。「4ヶ月もボールにさわっていないんだから、かなりいい仕事をしたよな」

DR_051106
posted by まき at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

バレンシアの青い空

051105Cheste

これ これ これも。検索にかかってきた記事はスペイン語でお手上げ。(笑)

めずらしく昨日も今日も葉巻を手にしていませんネ。(そう言えば、葉巻はふかして香りを楽しむものだから、煙を吸い込むタバコより害が少ないという説を聞いたんだけど、本当ですか〜?)
MotoGPの公式ページ/フォトギャラリーは、残念ながらうちのポンコツMacではちゃんと見ることができないので、また明日にでもチェックしてこよう…。
今朝のG+も録画失敗してしまったし。(^_^;
今後の放送予定はこうかと。

 7日00:45-05:00 決勝
 8日17:45-22:00 決勝再放送

※お詫びと訂正 10日以降はMotoGP第1戦からの予選・決勝再放送でした。
        バレンシアGPは第17戦なので、いつですかね…(9日記)

10日00:30-01:45 予選再放送 02:00-06:15 決勝再放送
11日01:00-02:15   〃   02:30-06:45   〃
12日00:30-01:45   〃   02:00-06:15   〃

 
そうそう!今日はスカパーでゲータレイドのCMを見ました♪
私のようなライトなファンには宝の持ち腐れ的なスカパーだけど、こういうおまけもあります。晴れ
それに、バックスはなかなか楽しめそうなチームになっていた。
ボビー・シモンズもこんなに出世するとはね〜。
posted by まき at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。