2008年12月11日

【22】@ニューオーリンズ

89−105 (boxscore) 7勝15敗 

そりゃね、リベンジされることは分かってましたよ。
まして、サンズとのトレードでJ-Richとダドリーがいないんだもん。

【NBA】サンズがトレードでJ.リチャードソンらを獲得!
2008年12月11日(木) 14時10分 ISM

 フェニックス・サンズは現地時間10日、シャーロット・ボブキャッツとトレードを行った。ラジャ・ベル、ボリス・ディアウ、ショーン・シングレタリーを放出。代わりにジェイソン・リチャードソン、ジャレッド・ダッドリーと2010年のドラフト2巡目指名権を手に入れた。

 サンズはスティーブ・カー氏がGMに就任してから、ロスターが変化している。27歳のガード、リチャードソンはキャリア通算で1試合平均18.8得点をマーク。前月はひざのケガで戦列を離れていた時期もあったが、8日のマイアミ・ヒート戦で24得点を奪取し、完全に調子を取り戻している。昨季は1試合平均21.8得点を挙げた。

 ディフェンスでの貢献が期待されるフォワードのダッドリーは、2007年のドラフト1巡目全体22位で指名されてNBA入り。通算成績は93試合に出場し、1試合平均5.7得点、3.7リバウンドを奪っている。

 一方、ボブキャッツに移籍するベルは今季1試合平均9.6得点、スリーポイントシュート成功率46.8%をマーク。ディフェンスに優れ、シュート力も併せ持ち、ラリー・ブラウンHCが求めるタイプの選手とみられている。フォワード兼センターのディアウは2008-09シーズン、8.3得点のアベレージ。2005-06シーズンにはキャリア最高の1試合平均13.3得点、6.9リバウンドの数字を残した。ガードのシングレタリーはルーキーの今季、2.6得点、0.9アシストのアベレージを記録。

「チームに新しい選手が加わることに興奮しているよ」とロッド・ヒギンズGM。「2人の重要なメンバーを手放すことになったが、ラジャ(ベル)とボリス(ディアウ)とショーン(シングレタリー)がチームの向上に貢献してくれると思う」と期待を寄せた。

あ〜ビックリした。
ウォレスのトレードの噂は多かったけど、結局J-Richかぁ。
大事なスコアラーなのになぁ。
一方のディアウはちょっと余ってた感じだし、サンズの方が得してる?
また、「リチャードソンのトレードは理解できない」とか批判もあるようなんだけど、ラリー・ブラウンさんがついているんだから大丈夫ですよね?(^^;

これでロスターは15名になったものの、ジュワン・ハワードとの契約も確実なようで、誰かカットされそうです…。

●ボーネルさんのブログ(Charlotte Observer
今回のトレードを知った某チームの幹部は、ジェイソン・リチャードソンのトレードを理解できないと言った。リチャードソンがいなくなったボブキャッツはゴー・トゥ・ガイを失い、ますます脇役ばかりのチームであると。
このトレードがうまくいくかどうか、私には分からない。しかし、このトレードが成立した理由は分かる。ディアウとベルはラリー・ブラウンが望む変化の方向を示している。彼らはディフェンスとパッシングと万能性と運動能力をチームに加える。

●スコット・ファウラーのブログ(Charlotte Observer
ボブキャッツはジェイソン・リチャードソン(+ジャレッド・ダドリー+2010年2巡目指名権)をフェニックスへトレードし、ボリス・ディアウとラジャ・ベル(+ショーン・シングルタリー)を得た。
私は今回の動きが好きだ。
チームは得点源を失うが、最大の弱点であるディフェンス力とリバウンド力を得る。
どのみち、現在の構成のままでは到底プレイオフに届きそうもない。

ボブキャッツの2人のベストプレイヤー(リチャードソンとジェラルド・ウォレス)のどちらかなら、私はウォレスを残して欲しかった。ウォレスはリチャードソンより多くの貢献ができる。より良いディフェンダーであり、よりアスレティックで、より多才だ。
さらに、得点力の一部はアダム・モリソンとマット・キャロルが補えるだろう。このチームにはジャンプシューターが多すぎた。そして、他チームが興味を示すシューターはリチャードソンしかいなかった。
ベルはラリー・ブラウンが求めるディフェンダーだ。リチャードソンほど純粋なスコアラーではないが、3Pも非常にうまい。
ディアウは、オールスターのアマレ・スタウダマイアーがいるフェニックスではベンチだったが、ここでショーン・メイの陰になることは考えられない。(同程度の才能はないが、ラシード・ウォレスの廉価版とも言われている)。

マイケル・ジョーダンとロッド・ヒギンズは、シャーロットの今シーズンに何かを注入しなければならなかった。これは史上最高のトレードではないが、決して最悪でもない。そして、確かに今シーズンを――ボブキャッツも――より面白くするだろう。

2008年12月10日

ジュワン・ハワード

ジュワン・ハワードがナゲッツからリリースされた時、もしかしてボブキャッツが交渉するかも?と思ったら、やはり。火曜日遅く、ヒギンスGMが代理人(D・フォーク)と話し合っていることを認め、早ければ一両日中にも契約する運びのようです。

ハワードが解雇されたのは、アイバーソン⇔ビラップスのトレードに伴いロスターを1つ空ける必要が生じたためで、マクダイスのバイアウト後、ジョージ・カールHCはハワードとの再契約を希望したが、ナゲッツはラグジュアリータックスを避けようと試みているので…とのこと。
一方、ボブキャッツのロスターは現在14名だから、ハワードとの契約に障害はないが、次の月曜日から今シーズン契約した選手たちのトレードが解禁になるため、ボブキャッツとしてもロスターの柔軟性は保ったままでいたいかもしれない、とも。

Charlotte Observer

チラッと見えた読者コメントはハワード獲得に反対の意見や「ショーン・メイをトレードしろ!」ばかりだったけど、別にベテランミニマムなら大きな損はないと思うけど。それに、今のショーン・メイを誰とトレードしてもらえると言うんだろう。

ところで、デイビッド・フォークが近く『The Bald Truth』という自伝を出版するらしいです。マイケルのくだりだけ読みたいな〜。(Charlotte Observer

2008年12月09日

【21】@マイアミ

96−100 (boxscore) 7勝14敗

ウェイドに41得点されて惜敗。
残り8分21秒で7点リードしていたものの、ウェイドの活躍で逆転されたと。J-Richは24得点ながら、残り32.3秒で同点にできるFTを2本ともミスったらしい・・・3Pは得意なのにFTは不得意って、困ったもんです。それでも、残り6.7秒でモリソンが2点差に迫る長距離3Pをヒットしたが、ウェイドにしっかりFTを決められ、試合終了〜。
開幕2戦目はボブキャッツの圧勝だったのに、いつの間にかヒートは11勝9敗ですもんね〜。

ジェラルド・ウォレスは祖母が亡くなったため帰省中で欠場。今回のロードトリップ(@ニューオーリンズ&@ダラス)には合流せず、金曜日にシャーロットへ戻るようです。

そして、ロッド・ヒギンスGMは、ウォレス⇔ジェイソン・コリンズ+マキャンツというミネソタとのトレードの噂を完全否定。(Charlotte Observer

2008年12月08日

高校バスケもシーズンイン

マーカスのホイットニー・ヤング高校は、土曜日の夜にケンタッキー州の大会で試合をし(全米4位にランクされるニュージャージー州の強豪校に69対55で敗戦=マーカスは12得点)、400マイル(約644q!)の道のりをバスで帰り、日曜日にシカゴでホームウッド・フロスムーアと戦い、一時は大量リードしたものの終盤はバテバテで、どうにかこうにか58対56の辛勝を収めたとのこと。
「ちょっと負けたような気分」とは、今年もヤギヒゲのマーカス(17得点)。


そういえば、ジャスミンももうソフォモアのはずなのに、まったく話題を見かけません。そもそも、どこの高校か知らないし〜。どうしてジャスミンは話題にならないんだろう。3番目だから?女の子だから?部活やっていないのか?

Mia Hamm - Gatorade (Thank you) commercial


長いことブログをやっていると、自分が前に書いたことも忘れちゃうんですが、これは前にも載せましたね。(^^;
ついでに、こっちはリンクを張っただけでした。(検索してみた)

Michael Jordan Mia Hamm "Michael vs Mia" Gatorade Commercial


――バックに流れる歌は「あなたに出来ることなら何でも、私の方が上手なの」と息巻く。そして見事、最終種目の柔道でジョーダンを一本背負いで投げ飛ばし、「ほら見なさい」の捨てぜりふで締めくくる――と、99年当時は『アメリカで話題のCM』として日本の新聞コラムにもなっていたんですよ〜。(女子サッカーのW杯米国大会が盛り上がっていたから)

posted by まき at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

【20】vsキャバリアーズ

74−94 (boxscore) 7勝13敗

せっかくの生中継だったけど、途中で見る気力を失いました。
今さらリキャップ読んでもしょうがないし…。


いないと思ったマイケルは、ユナイテッドセンターのラグジュアリースイートでイリノイ大学 vs. ジョージア大学を観戦。
ジェフ:「今年は去年より多くのゲームに来ようとするんじゃないかな。チームは好調(7勝1敗)だし、僕の出場機会も去年より多いことを喜んでくれているから。父の前でプレーすると、試合後に僕の全プレーを批評されるんだけど(笑)」
pjstar.com

2008年12月06日

【19】@ミルウォーキー

96−101 (boxscore) 7勝12敗

バックスなんて大差ないレベルだと思うのに、これで0勝2敗。
前の試合はJ-Richが欠場だったし、今日はアウェイだけど。

明日はキャブスに勝てると思えないから、せめてマイケル来て〜!

*********************************************************************************************

フォーブスで2億8400万ドルと評価されたことについて、リック・ボーネルさんのブログ――

フォーブスの評価が正確なら、ボブ・ジョンソンが最初に支払った金額より1600万ドル安い。運転資金も加えると、ジョンソンは約1億ドル失ったことになる。しかし、彼が今すぐ2億8400万ドルでチームを売ることはないだろうし、誰も2億8400万ドルの小切手を切るつもりはないだろう。
私は、遅かれ早かれ(たぶん、遅く)、マイケル・ジョーダンがこのフランチャイズの過半数株式を所有し、チームをシャーロットに残すだろうと思っている。彼個人が51%の株式を買収するとは言っていない。いつか、ジョーダン本人と、ジョーダンと行動を共にすることが好きな金持ちの友人が、ジョンソンから権利を買い取るだろう。そして、チーム運営に関するジョーダンの決定はよくても玉石混交だが、結局のところ、このフランチャイズを軌道に戻るようにするだろう。

Charlotte Observer

・・・ブルズが無理なら(絶対無理でしょ)、ミルウォーキー・バックスより故郷のフランチャイズの方がしっくりくるし、まあいいか…。アロンゾ・モーニングとラリー・ジョンソンがいた頃のホーネッツは、観客動員もグッズの売上もリーグNo.1だったくらいだから、今は不人気でも改善の余地はあるということですよね…。

2008年12月05日

BLOOD ON THE HORNS (2)

BLOOD ON THE HORNS
The Long Strange Ride of Michael Jordan's Chicago Bulls

by Roland Lazenby  
Published by Addax Publishing Group Inc.


序文(抄訳) - 2
A Room with a View

1998年の春、ウィンターは再び、今まで何度も見送られたネイスミス・メモリアル・バスケットボール・ホール・オブ・フェイムの候補に選ばれた。もし今回も彼を選ばないなら、関係者は殿堂を閉鎖して鍵を投げ捨てるべきだ。

それこそ、私がこの本を執筆した理由なのである。6度目の優勝を目指すブルズは、権力闘争に巻き込まれ、崩壊しようとしていた。ろくでもない状況だ。そのせいで、最も優れたゲームの守護者たち、ジョーダンとウィンターのキャリアを終わらせ、ひいてはゲームそのものを脅かしそうだったのだから。

私は理由を知りたかった。

そして、この本はそれに答える試みである。

かつて、デトロイト・ピストンズでプレイヤーたちのエゴの操縦を余儀なくされたチャック・デイリーは、「ゲームはシンプルだ、が、人間は複雑だ」と言ったものだ。

ついでながら、ピストンズは2度優勝しただけで、自分たちの結びつきが完全に消耗していることを自覚させられた。内部に大きな問題を抱えながらも強くなり続け、6度の優勝を達成したことは、ブルズを形成した偉大な競争者たちへの素晴らしい証である。

要するに、ブルズを崩壊の瀬戸際へ押しやったものは何か?

簡単な答えはない。しかし、1つ答えを見つけなければならないとしたら、私は「ジェリー・クラウスGMの不安感」と言うだろう。

しかしまた、何がブルズを6回優勝させたか答える必要があるなら、「マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピペン」の次の答えは、「ジェリー・クラウスの不安感」であるだろう。

実際は、彼ら全員に崩壊の責任がある。ジェリー・クラウス。フィル・ジャクソン。スコッティ・ピペン。マイケル・ジョーダン。ジェリー・ラインズドーフ。テックス・ウィンター。ちょうど彼ら全員が、得も言われぬ甘美な、あまたの勝利の瞬間に関与していたのと同じように。

それは、クラウスを毛嫌いするマイケル・ジョーダンやスコッティ・ピペンを喜ばせる記述ではない。そして私は、ジョーダンやピペンの気に障るような記述をすることを、心からすまなく思う。なぜなら、彼らは素晴らしいバスケットボールチームの巨大なハートであるから。しかし、それは真実なのだ。

どうして彼らはクラウスをひどく嫌ったのか?

ピペンがクラウスを嫌った理由は、自分をトレードしようとしたことを最大の侮辱と考えたからだ。

ジョーダンもまた、ピペンをトレードしようとしたことと、ジャクソンとの不和のせいで、クラウスを嫌った。それはどちらもチームの競争力を阻害する行為であり、ジョーダンは何にもまして、戦いを邪魔するものは許さない。

それ故に、1998シーズンが終わるとき、ブルズファンはチームの権力闘争と崩壊の危機に直面した。それは、ジャクソンやウィンターやラインズドーフが、けりをつけ、前へ進もうとしながら動きが取れない状況での、クラウスとチームの2人のスーパースターとの支配の問題だった。あるいは、それに近い何か。

それは私に父のセットショットを思い出させる。彼は1930年代と40年代にウエスト・バージニア南部のセミプロリーグでプレーしていた。私は遅い子供だったので、父のプレーを見ることはできなかったが、思い出話はいろいろ聞かされた。当時最高のプロチーム、オリジナル・セルティックスとの対戦でシュートを決めた話など、本当かどうかは分からない。けれども私は信じている。父は私が生まれる前にひどいやけどを負い、h-o-r-s-eゲームか軽いワン・オン・ワンしかできなくなった。我が家のドライブウェイには12×12のコンクリートのコートがあったが、父はフープからゆうに30フィート以上ある横庭の楡の巨木の辺りからシュートをするのが好きだった。一方へフェイクし、前へ踏み出し、両目が見開かれ、両手セットのシュートが放たれ、小さな歓声がもれる。それは彼流のトラッシュトークだった。

もちろん、父からの本当のレッスンは、人生にはh-o-r-s-eゲームと同様の、広いパラメーターが必要だということだった。

ある日、権力闘争について話していたフィル・ジャクソンの言葉で、私は父のことを思い出した。ジャクソンは、クラウスがいかにして、常にピペンとジョーダンに対する何らかの支配を確立しようとしているか話していた。「すべてはコントロールの問題なんだ」とコーチは言った。「支配欲がすべてだ。コントロールの感覚を持つのは良いことだと思うが、個人の境界線は拡げなければならない。開放的な状況を狭めれば、誰かが四六時中フェンスに突き当たることになる」

巻き込まれた人々が大きければ、限界もそれだけ広くなるようだ。

そこから私は、素朴な考えに達した。主要人物全員を1つの部屋に集め、それについて論じさせたらどうだろう? 彼らは皆、怒りから行動し、互いを傷つけ合っている。彼ら全員が、それぞれに痛みを抱えていた。なぜ話をつけないのか? そこである日、私はジョーダンに尋ねてみた。

彼は私にいぶかるような視線を向けた。
「平和的な話し合いで?無理だね」
「どうしてもっと簡単にいかないんだい?ともかく話し合えば?」

「僕たち5人全員を1つの部屋へ押し込んで」と彼は言った。「お互いに自分たちの苦痛や悩みを告白し、すべてを乗り越えて先へ進む。うまくいくためには、そういう作業が必要だったね」
「あのさ、僕は自分の悩みの大半を早い時期に整理したし、今だって、以前と同じ完全性と決意で自分の仕事を続けているよ」

彼は暗に、クラウスが自分の痛みをやり過ごせず、それどころか、個人的な問題が勝利の妨げになることを許していると指摘した。それは、ジョーダンにとって、考えられる中で最大の罪悪である。

「痛みも苦悩も傷もすべてわきへ置き、自分がやるべきことを考えなければいけないんだ」と、ジョーダンは言った。「ただ悪意を抱えたまま座っているつもりなら、なぜ僕はキャリアを続けるべきなのか・・・もし僕がその瞬間を忘れていなかったら、100%の力を発揮しなかったり、報復を考えるだろう。でも、僕は勝利を心に前へ進んだよ」

パラメーターが、彼らを座らせ、決着をつけさせるのに十分な大きさでなかったことは明白だ。

したがって、この本はその部屋の非常に劣ったバージョンになった。すべてをテーブルの上に広げる試み。その部屋の光景。

ブルズのために。
彼らのファンのために。
私の父のために。

1998年6月15日
ローランド・レーゼンビー

posted by まき at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD ON THE HORNS | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

【18】vsサンダー

◇103−96 (boxscore) 7勝11敗

連勝を期待していたから、途中でチェックした時にリードされていてガックリ・・・
勝ってて良かったデス。

オカフォー 25pts, 13reb
メイがやっと!10pts, 11reb

第3Q、ベンチに下がって息を切らしているメイに、マイケルは「酸素マスクいるか?」と声をかけたそう。(^m^)
写真はありませんでしたが、ハイライトで存在を確認しました。(笑)
6日なら日本でも放送があるんだけど、ラスベガスでオスカー・デ・ラ・ホーヤの試合もあるみたいですね・・・そっち行っちゃうかな?


*フォーブスが発表したNBA30チームの資産価値ランキングによれば、ニューヨーク・ニックスが6億1300万ドルでトップ、2位はロサンゼルス・レイカーズの5億8400万ドル、3位はシカゴ・ブルズの5億400万ドル…と、ここまでは結局三大都市ということですか?
で、ボブキャッツは2億8400万ドルで29位、下はミルウォーキー・バックスのみです。(T_T)

全チームの詳細はこちらで⇒forbes.com

2008年12月03日

どうやら失敗ぽい

登録時のニックネームとやら、「まき」も「maki」も使えず、Yahoo! IDと同じ「Maki_MJ23」か「まき_MJ23」は半角記号にダメ出しされて。
しょーがなく適当に妥協して次へ進んでみれば、ブログで表記されるニックネームを全角1文字〜20文字で設定しろと。何のことはない、表に出すのは「まき」でOKなのでした。orz
Seesaaは本名を登録するんだけど、FC2はその代わりが「ニックネーム」らしい。ソレ最初に言ってくれ。

で、次は(ブログのアドレスに入る)ブログIDを決めなきゃならない。
his-airnessは半角記号がダメ。
airnessは使用済みらしい。
また妥協してhisairnessで手を打ったが・・・なんか、ゴチャゴチャだぁ。

は〜。最後まで進んで、やっといろいろ様子が判って、もう一回初めからやり直したい。
こういうところはSeesaaの説明の方が親切だと思いマス。

そして、FC2の引越し申し込みフォームにSeesaaのIDとパスワードを入力してポチっと。
ブログお引越し登録完了メールも届いた。

ところが、その直後に「インポート中にエラーが発生しました」メールが届いてた。
どうも、やっぱ無理そうですね〜。
ちょっとFAQ読んでみたら、33件の記事の引越しでも失敗しているみたいだし。

まあ、ここも74MB/100MBになり、ディスク容量の追加も拒否されちゃったので、いずれ移転が必要だったわけですから、ぼっちらぼっちらFC2のやり方を勉強して、そのうち、ここを残したまま新居へ移るつもりです。
あ、でも、まず先にYahoo!ブリーフケースDL大作戦と父親の年賀状作成を済ませなきゃ。
posted by まき at 21:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

【17】vsティンバーウルブス

◇100−90 (boxscore) 6勝11敗

ホームでウルブスなら勝つよね。

J-Rich 25pts (FG11-18)
オカフォー 24pts (FG 9-14, FT 6-6!), 10reb
ウォレス 15pts, 9reb
フェルトン 14pts, 14ast

やっぱり主力がこれくらいじゃないと勝てないみたいですが。
それにしても、しっかり勝てそうな試合だというのに、発表された観客数は9285人・・・実際の入場者数は5000人程度だったそう・・・寒。
1番大きな喝采が起こったのは、7万人の観衆を集めたパッカーズ戦で4度もタッチダウンを決めたカロライナ・パンサーズのRBディアンジェロ・ウィリアムスがスコアボードに映されたときだとか。パンサーズは9勝3敗のNFC南地区首位だそうなので、ボブキャッツとは雲泥の差なんですけども。(ちなみに、「7連勝のジャイアンツ、目指すはマイケル・ジョーダン!?」なんて記事も見つけました)

でもって、カロライナ・パンサーズのプレジデントもボブキャッツ戦に来ていて、マイケルとおしゃべりしていたところ、MJと一緒に写真を撮りたいファンから「シャッター押して」と頼まれたらしい。(Charlotte Observer

081201MJ.jpg
(Photo by Kent Smith/NBAE via Getty Images)

★Photo 1 (上)   ★Photo 2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。